ブラックバイト先の見分け方5個

ブラックバイト先の見分け方5個

社会問題化している「ブラックバイト」。

バイトを始めてから「これは間違いなくブラックバイトだ」と気づくケースが少なくありません。

ここでは、そんなことにならないように事前にブラックバイトかどうかを見分ける方法を紹介します。

1.常に求人している

まず、情報誌のレベルでチェックできるポイントをお話ししましょう。

ブラックバイトの大きな共通点は、「バイトが居つかない」ということです。

バイトが長く居つかず、どんどん辞めてしまうのがブラックバイト。

そのため、常に人手不足の状態になり、その結果、「いつでもバイト募集をしている」ということになります。

ですから、情報誌などを見ているときに、「ここの会社は前からずっと、いつでも求人をかけてるな」と気づいたところは、

要警戒と言っていいでしょうただし、例外もあります。

急成長をし、事業規模を急拡大している企業は、ブラックでなくても常時バイト募集をすることがあります。

その企業の事業展開などの情報もチェックしてみるといいでしょう。

2.求人情報の「うたい文句」をチェック

求人情報の「うたい文句」から、ブラックの危険性を知る方法もあります。

よくあるのが「未経験者大歓迎」という表示。

珍しいうたい文句ではありませんが、ある程度、専門性がありそうな仕事内容であるにもかかわらず、

この文句が書かれてたら、警戒したほうがいいでしょう。

どんな仕事でも経験者の方が、求人する側にとっては欲しい人材なはずです。

それを、特に「未経験者大歓迎」とするのは、経験者がなかなか来てくれない企業ということも考えられるのです。

また、「若手が活躍してます」とか「明るくアットホームな雰囲気」、「みんな仲良く働いてます」というような文句も要注意。

そうした甘い言葉で誘うのは、現場の雰囲気がそれとは逆だからというケースが少なくありません。

また、ほかに「ウリ」になるような要素がないために、そういうあいまいな表現で誘うということもあります。

3.雇用条件、待遇面の情報が少ない

求人情報の中でも大切な要素が、雇用条件や待遇に関するものでしょう。

きちんとした企業は、その要素について可能な限り具体的に情報提示をするものです。

ですから「時給以外の雇用条件の情報がまったくない」とか、「待遇面の情報が少なすぎる」

「残業のありなしなどが不明」というような求人については、警戒してみたほうがいいでしょう。

また、これは面接を経てバイトすることが決まってからのことになりますが、「労働条件通知書」など、書面で雇用条件が示されない企業は危険です。

雇用側は必ず書面で、条件を労働者に通知することが法律で決まっているのです。

その法律を守らないようなところは、ブラックの可能性が高いと考えたほうがいいでしょう。

4.面接がいい加減

面接の印象で、ブラックかどうか見分ける方法もあります。

ブラックバイトでありがちなのが、「面接がいい加減だった」というケース。

ふつうは、少しでも優秀な人材を確保するため、担当者や責任者はある程度時間をかけて面接をするものです。

また、待遇や雇用条件の具体的な説明をすることも必要でしょう。

ところが、中にはあまりに短時間で面接が終わってしまったり、ほとんど質問らしいこともされず、待遇面の説明もないという企業もあります。

面接官が「なんでもいいから人材確保」という意識を持っていると考えられ、ブラックの危険性が小さくありません。

5.面接官の態度や言葉づかいが横柄

面接官の印象が悪い場合も、ブラックを疑ってみたほうがいいでしょう。

いかにも上から目線で横柄な態度を取ったり、乱暴な言葉づかいをするような人が面接をするようなところは、社会常識のない企業です。

ふつうの企業に勤めている社会常識のある人は、バイト募集のための面接でも、きちんとした態度で、ある程度ていねいな言葉づかいをするものです。

面接官の感じがあまりに悪いようなら、避けたほうが賢明かもしれません。

いかがでしたか。

今回は、バイトを始める前にブラックかどうか見分ける方法をお話ししてきました。

ブラックバイトは入ってしまうと、いろいろ面倒なものです。

未然に危機回避をするために、ぜひ参考になさってください。

関連情報(外部サイト)