不器用な人がカフェバイトをする時の注意ポイント3つ

不器用な人がカフェバイトをする時の注意ポイント3つ

オシャレな雰囲気の職場で働きたい人に人気なのが、カフェバイトです。

カフェバイトの仕事は難しい作業はありませんが、器用な人の方がむいているといわれます。

不器用な人がカフェバイトをすることになった時は、どのような点に注意すればよいのでしょうか。

カフェの一角

1.焦らない

焦りは失敗のもとであるというのは、どのような仕事であっても気を付けなければいけない注意点です。器用さに自信のある人でさえ焦って仕事をすれば失敗してしまうのですから、不器用な人ならなおさら注意して仕事に臨まないといけません。

不器用だと仕事がなかなかはかどらないかもしれませんが、仕事で優先するべきなのは確実性と堅実性であり、スピードの優先順位はその下に位置します。きちんとした仕事ができないのに作業スピードを挙げたところで失敗するのが落ちです。作業に慣れるまでは、焦らず確実に仕事をこなすことを意識してください。

2.手順をしっかり守る

カフェバイトの大切な仕事の一つが、フードの盛り付けです。フードの見た目は出来栄えに関わる重要なポイントですから、決められた通りに美しい盛り付けをしてお客様に提供しなくてはいけません。

フードの盛り付けに関してはマニュアルで手順が定められているはずです。

手順通りに作業を勧めれば不器用な人でもキレイに盛り付けることができるようになっていますから、自分の勝手な判断で手順を変更したりアレンジを加えたりしてはいけません。

一見面倒に思えても、手順を守って確実に作業を進めることが美しい盛り付けに繋がります。くれぐれも勝手なアイデアや判断で仕事をしてはいけません。

3.視野を広く持つ

カフェバイトでは、お客様に料理や飲み物を運ぶのも大切な仕事です。どんなにおいしい料理ができたとしても運ぶ最中にこぼしてしまったら元も子もありませんから、人や物にぶつからないように注意してください。

不器用な人ほど一つの仕事を与えられるとその仕事に集中しがちです。集中するのは良いのですが、周りが見えなくなってしまっては給仕をするときに人や物にぶつかる確率が高まってしまいます。

料理や飲み物をこぼさないためには、トレーの上ばかりを見つめていては逆効果です。視野を広くもち店内をしっかりと見渡して、歩いている人や邪魔になる椅子などが無いかを確認しながら進みましょう。

広い視野で周囲の状況にをしっかりと見渡せるようになれば、突然お客様が立ち上がってぶつかりそうになったとしても落ち着いて対処できます。

不器用なことを意識しすぎないで働こう

不器用なことを意識しすぎると、うまくできるはずの作業まで失敗してしまいかねません。不安を感じたら作業を止めて深呼吸し、リラックスした気持ちで作業に取り組めるよう心に余裕を持たせましょう。

カフェバイトで何か失敗したところで、命まで取られるわけではありません。あわてず落ち着いて作業できるように心がけていれば、自然と仕事に慣れていきスムーズに作業を進められるようになっていくでしょう。

関連情報(外部サイト)