カフェバイトをする時のメイクのコツやポイント3つ。清潔感がある化粧にしよう

カフェバイトをする時のメイクのコツやポイント3つ。清潔感がある化粧にしよう

世の中には様々なお店があります。ファストフードだったり、ファミレスだったり、うどん屋さんやお蕎麦屋さんのチェーン店だったりと、とにかく多種多様なお店があり、皆さんもそれらを利用したことが、もちろんありますよね。

そして、今はたくさんの店舗が色々な場所にあるカフェもそういったお店の中の1つです。

ではこのカフェでバイトをする際、その時のメイクのコツやポイントは何かを紹介したいと思います。

オシャレなカフェ

1.ちょっと明るめのチークをつける・もしくは、いつもより濃いめにつける

カフェバイトの印象として、明るくて、かわいらしい女性をイメージする方が少なくないのはないでしょうか。

実は、カフェバイトをやっている側も何となく「かわいくなくちゃいけない、オシャレな感じをださなければいけない」というのが誰にも言いませんが抱いています。

そんな時に顔色の悪い人がカウンターに立っていたら、お客さんも「どうしたのだろう、何だかカフェで働いている子っぽくない印象だな」と思ってしまいますよね。

そうならないためにも、顔色を明るく見せるように、チークを明るめのものにしたりいつも使っているチークをちょっと濃いめに塗って、顔色をよく見せるのがポイントです。

カフェバイトには元気さも求められますから、それにはやはり、顔色というのがポイントになってきます。

2.唇を印象的な感じに仕上げる

カフェバイトで欠かせないもの、それが笑顔です。

先述したとおり元気さや明るさ、爽やかさなどを求められるバイトです。

笑顔や顔の印象をよくするためには、唇を印象的な仕上がりにすると、とてもその効果が発揮されるのです。

1番簡単なのは、透明なグロスで唇をきらきらさせます。

といってもつけ過ぎは唇からダラリと垂れて来て顎まで光って変ですから、適量をつけます。

それか薄めのピンクのグロスか口紅を少しだけ口元に付けた後、透明グロスをつけると、かわいらしい印象を与えてくれます。

3.目力は与えるべき、でも、つけ過ぎは禁物です

目力が無いよりはあった方が、接客業ですから、良いでしょう。

ただし、アイライナーを目の上にも下にも太く引いたり、マスカラを不自然なほどにつけて、お客さんが店員の顔を遠慮してみれないような状況を作るのは止めましょう。

マスカラもアイライナーも使って良いです。ただし、こちらは自然な目元になる程度の物にして、アイシャドウも暗めの物を使っても良いですが、全体的な印象が暗くならないようにすることが、カフェバイトメイクのポイントとなります。

清潔感が出るメイクをしよう

カフェバイトと言うと、やはり爽やかさや明るさ、そして接客業ですから清潔感のある印象をお客さんに与えなければいけません。

そんな時には、こういったメイクのポイントやコツを参考にして、カフェバイトに挑んでいただければと思います。

関連情報(外部サイト)