コールセンターのバイトの仕事内容。高時給のメリットも!

コールセンターのバイトの仕事内容。高時給のメリットも!

コールセンターのバイトの仕事についてどんなイメージを持っていますか。

いつもクレームばかり受けていてとてもきつそうなイメージを持っているかもしれません。

しかし、実はコールセンターのバイトの仕事は2種類あります。

受信(インバウンド)と発信(アウトバウンド)です。

この2つは同じコールセンターの仕事と言っても全く種類が異なります。

今回はこのコールセンターバイトの仕事内容やメリットについてご紹介します。

1.受信(インバウンド)の主な仕事内容

受信の仕事は、その名のとおり、かかってきた電話を受ける仕事になります。

具体的には、企業のカスタマーサポートや、パソコンやネットなどのテクニカルサポート、また宅配便の再配達の依頼などがこれに当たります。

お客様からの問い合わせや要望を聞いてそのニーズに合った答えを提供する仕事ですので、その企業が扱うサービスについての広い知識が必要となります。

深い専門知識も必要となりますし、さらにはそれを分かりやすくお客様に伝える力も必要となります。

特にサポートセンターの場合には、お客様が言いたいことをうまくくみ取るスキルも重要になってきます。

時にはお客様からのクレームも受けることもあるでしょう。

ある意味お客様とその企業の接点となる部門であるため、しっかりとした対応が求められます。

ただ、このようなコールセンターでは実際に受信業務を行う前にきちんとした研修を受けて、またマニュアルも整えられています。

そして、実際の現場にはSVというオペレーターを管理・統括しているマネージャーのような人がいますので、

何か分からないことや問題が起きたときにはフォローしてくれるでしょう。

2.発信(アウトバウンド)の主な仕事内容

一方発信の仕事は、コールセンターから企業や個人宅に電話をかける仕事になります。

商品やサービスの売り込みや新規顧客開拓の営業電話、アンケートなどが主な仕事です。

言わば、頼まれてもいないのにこちらからお客様に電話をかけて売り込みをするわけですから、話を聞いてくれる人ばかりではありません。

営業電話と分かったとたんに無碍にあしらわれたり、ガチャ切りされたりということも多いでしょう。

発信の場合は受信の仕事とは違い、専門知識よりも(それも大事ですが)営業力・コミュニケーション能力が重要となります。

また、断られても気にしない精神力も必要でしょう。

こちらもトークの研修やマニュアルは当然しっかり用意されているので、

意外とマニュアル通りに話をしただけでアポイントが取れたなんていうこともあります。

3.コールセンターのバイトのメリット

受信業務と発信業務と、仕事内容は異なりますが、どちらにも共通したメリットがあります。

まず、ほかのアルバイトと比べて比較的時給が高いことです。

都内であれば、平均1200円~1500円くらいが多いと思われます。

特にテレアポなどの発信の仕事では歩合がつく場合も多く、スキルのある人であれば時給2,000円~3,000円というのも夢ではありません。

仕事の勤務時間も融通がきく場合が多いです。

自分の都合に合わせたシフトを組みやすいというメリットもありますし、短時間でもしっかり稼げるでしょう。

また、相手と顔を合わせずに電話の会話のみでやりとりをしなければならないため、コミュニケーションスキルは磨かれます。

電話のマナーやきちんとした言葉使いも身に付くでしょう。

いかがでしたか。

受信でも発信でも、業務的には大変な部分も多い仕事ではあります。

ただ、その分得られるものも大きいでしょう。

幅広く使えるコミュニケーションスキルを身に付けたいと考えるのであれば最適な仕事と言えます。

特に学生であれば社会へ出てからのビジネスマナーや営業力が身に付くので、就活などでも有利になる可能性もあります。

また高時給のところが多いので、短期間でお金を稼ぎたい方には向いているでしょう。

関連情報(外部サイト)