コンビニバイトは駅前のコンビニが良い5つの理由

コンビニバイトは駅前のコンビニが良い5つの理由

「5分も歩けばコンビニにあたる」というほど、あちらこちらに店舗があるコンビニエンスストア。
そんなコンビニでアルバイトをするなら、駅前のコンビニを選ぶことをおすすめします。

藤沢駅前

1.通勤に時間の無駄がない

自宅の最寄り駅、またはそこへ続く沿線上のコンビニでアルバイトが出来れば、少なくとも駅からお店までの移動距離が最短ですみますよね。

学校帰りや、出先からアルバイトへ向かう時に荷物が多かったとしても、お店が駅前にあると重い荷物を持って歩く必要もありません。

2.面倒なお客様が少ない

住宅街の中にあるようなコンビニの客層は、時間を持て余した高齢者や、クセのありそうな近所の住人などの来店も少なくはありません。
お店の中もあまり忙しくないところが多く、その場合お客様から色々と話しかけられたり、質問されたりと、ちょっと面倒。

しかし、駅前のコンビニには目的地や家路に急ぐ人々が比較的多く、お客様とのコミュニケーションが薄くなります。
接客業としては少々寂しい事かも知れませんが、淡白に仕事を進めたい方には働きやすい環境でしょう。

3.仕事に慣れやすい

以前は商品の陳列とレジ打ちさえできればよかったコンビニのアルバイト。

しかし最近では、公共料金の支払いから宅配荷物の取扱い、マルチコピーやチケットの発券機、ATMなどの機械操作からトラブル時の対応なども任されてきます。
このような仕事も難しいことではないのですが、やり慣れていないと処理に時間がかかり、急いでいるお客様からのクレームになりかねません。

駅前のコンビニであれば、色々な客層の方がいらっしゃるため、上記のようなサービスを提供する機会も多く仕事に慣れるのも早いのではないでしょうか。

4.深夜勤務が楽になる

深夜のコンビニでは、まとまった量の品出しや床やフライヤーの清掃などの仕事があります。

通常はそれらの仕事も接客をしながらこなさなければなりません。

しかし、駅前のコンビニでは、終電が出てしまえば客足もパタリと止まるため、このような深夜仕事がスムーズにできます。

5.近くに飲食店が多くバイト仲間と集まりやすい

コンビニのアルバイトというものはサークルの仲間のような、ある種独特の仲間意識が芽生えます。

そうすると、仲間と一緒に飯を食べたり、飲み会をすることも多くなります。
そんな時に、お店の近くの飲食店を利用すれば、シフト関係で遅くなる人も後から合流することができるので

いつもは勤務時間が違っている“ちょっと気になる”スタッフとも交流することができ、アルバイトがより楽しいものになるでしょう。

コンビニの立地が労働の質を変える可能性が

はっきり言ってしまえば、コンビニのアルバイトというものは仕事の内容としてはどの店舗でも同じです。

しかし、立地によって客層もお店が込む時間も変わり、その為主となる仕事内容が大きく変わってきます。

それにより、“楽しいお金稼ぎ”になるのか、あるいは“退屈な労働”となるのかは立地によるものが大きいのではないでしょうか。

関連情報(外部サイト)