コンビニバイトがキツイ大変と言われる理由

コンビニバイトがキツイ大変と言われる理由

コンビニバイトは、アルバイトの中ではなじみがあり、応募する人も多いと思います。

しかし、実はコンビニバイトは、バイトの中でもかなりキツイと言われています。

今回はそんなコンビニバイトがキツイ、大変と言われる理由についてご紹介します。

1.作業の種類が広い

コンビニは多くのサービスを扱っています。

利用する側にとっては大変便利ですのですが、作業するバイトは、覚えるだけでも大変となります。

例えば、商品の補充や陳列、レジの会計、袋詰め、清掃といった作業は、スーパーなどの他の店舗でも同様でしょう。

しかし、コンビニにしかないようなサービスが色々あります。

宅急便の受け付けやコンビニ決済、切手や印紙等の販売、ATM、コピーやファックス、チケットやクオカードの購入、お弁当などのあたため、おでんや空揚げ、肉まんなどの温かい食べ物の調理なども行わなければいけません。

また、コーヒーのサービス、通販の受け取り、食事の配達サービスも行わないといけないコンビニもあります。

それに加えて、ポイントカードやプリぺイドカード、クレジットカードのキャンペーンも、各コンビニで激化していますので、カード支払いやポイント、チャージについても行わなければいけません。

また、くじや値引きのキャンペーンをしているときは、それも忘れずに対応しなければいけません。

利用頻度の低いサービスについては、なかなか覚える機会がないので、利用があったときにきちんと対応できないと、プレッシャーになります。

経験豊富な先輩が助けてくれればいいのですが、人手が足りないときも、バイトとしてなんとか仕事をこなさないといけません。

2.客層が広い

色々なサービス業の中で、コンビニほど客層が広い商売はないのではないでしょうか。

老若男女と、あらゆる客層が来店するので、それぞれに合った対応をしなければいけません。

昔は、コンビニの客層は、若い男性が中心でした。

しかし、今や子供も、昔の駄菓子屋感覚で来店します。

女性向けのコスメ商品なども増えました。

また、女性や中高年向けの低カロリーなお弁当や、ヘルシーなお惣菜も増えました。

例えば、コンビニのシステムをよく知らない高齢者にも、丁寧に対応しなければいけません。

最近のコンビニのコピー機は、PDFファイルで保存した書類をSDカードから印刷したりできて便利ですのですが、その使い方に不慣れな人にも説明しないといけません。

印刷できるファイルの容量が5MBまでなどの細かい制約がありますので、全部完璧に覚えるのは大変な作業です。

中には、コンビニのシステムをよく知らなかったり、誤解しているお客が逆切れすることもあるかもしれません。

特に、深夜にガラの悪いお客が利用してくると、恐怖感もあると思います。

また、入店しなくても、深夜に店の外にたむろする人に対して、近所から苦情が入ったりすることもあるでしょう。

このように、色々なお客さんに対して、きちんと対応しなければいけないのです。

3.シフトの時間幅が広い

コンビニの多くは、二十四時間営業です。

そのため、一日中働く時間はあります。

特に、深夜は時給が上がるので、深夜にシフトを入れる人も多いのではないでしょうか。

しかし、昼夜逆転の生活を続けるのは、健康に良くありませんし、大学生の場合は、本業の勉強がおろそかになりかねません。

学費の足しに始めたバイトのために、授業に行けなかったり、単位を落としたりしては、本末転倒です。

いくら深夜の時給が高いと言っても、毎日のように深夜のシフトを入れ、かつ授業も出るのは、相当にキツイのです。

バイトの日や時間帯を考えて、無理のないシフトにしましょう。

無理をして、取り返しのつかないミスをしたり、体を壊してからでは遅いのです。

深夜のシフトで怖いのは、コンビニ強盗です。

強盗に対する訓練や、対応マニュアルなどもあると思いますが、やはり他のバイトと比べて、この点は危険といえます。

不運にも強盗に遭遇してしまうと、例えケガをしなくても、精神的にキツイものがあります。

4.要領よく作業しないといけない

例えば、狭い通路で商品の補充をしているときに、お客が通ろうとするときは、どかないといけません。

また、レジが混みだしたら、いったん作業を中断して、応援に行かなければいけません。

逆に、レジの係も、お客がたくさん並び始めたり、難しい依頼や時間のかかる依頼があったら、品出しや清掃をしている他の店員に、臨機応変に応援を頼まなければいけません。

このような注意点は、作業の種類が広いこととも重なります。

単純なレジ打ちだけなら、新人でもすぐに覚えられると思いますが、それに加えて、不慣れな宅急便やコンビニ決済などが入ると、時間がかかるのです。

スーパーなどの店舗では、品物の補充や清掃の時間は大体決まっているかもしれませんが、コンビニでは一日に何度も補充などの作業をしないといけません。

しかも、スーパーなどより通路が狭いので、お客の邪魔にならないように気を配らないといけません。

コンビニバイトは多くの種類の仕事を要領よくこなす仕事

このように、コンビニバイトは、多くの種類の作業を行い、広い客層にも対応し、様々な時間帯でシフトを組み、要領よく作業しないといけないのです。

気楽に応募しがちですが、実はキツイバイトと言われる理由も納得なのかもしれませんね。