コンビニバイトの面接に受かるためのコツやポイント3つ

コンビニバイトの面接に受かるためのコツやポイント3つ

アルバイトにはいろいろな種類があり、仕事内容も勤務時間のシステムもたくさんの種類があります。

いろいろなアルバイトの中でも、コンビニエンスストアのアルバイトには独特のシフト制のシステムがあり、具体的にアピールすることでコンビニバイトに受かりやすくなります。

戦おうとする男性

1.どのシフトに入れるか明確にしておく

コンビニエンスストアのアルバイトは、たいていシフト制になっています。

シフトで時間を区切り、いくつかのグループに分けることにより、管理がしやすく、長時間のコンビニ営業が可能になっています。

コンビニエンスストアのアルバイトの求人には、たいていどのシフトが募集しているのか書かれています。

特定のシフトのアルバイトの人数が不足しているから募集しているだけで、他のシフトのアルバイトの人数は足りていることがよくあります。

自分が応募したい求人はどのシフトが不足しているのかよく読んで、自分がその時間に対応できるのかよく考えてから応募し、面接でアピールしましょう。

また、今後、アルバイト人数の増減やアルバイトの休み希望が重なる年末年始や急な病欠などで、いろいろなシフトに穴が空くことも考えられます。

その時のことを考えて、自分がメインで入りたいシフトの他に、どのシフトに入れるのかを明確にしておき、面接で伝えることでコンビニバイトに受かりやすくなります。

2.コンビニに入った瞬間から見られていることを意識する

実際に面接でコンビニエンスストアに出向く際には、コンビニエンスストアに入った瞬間から見られていることを意識しましょう。

今までは、客と店員としての関係ですが、今後は同僚の立場になることも考えられます。

もしかしたら、1人の求人に対してあなたの他にも何人か応募しているかもしれません。

面接であなたと他の応募者が同じくらいの評価だった時に、コンビニエンスストア内の行動で比べられてしまうことも考えられます。

店員からも、よく見られていることを考えながら行動しましょう。

具体的には、適度な声で挨拶をし、目を合わせてハキハキと受け答えをし、少し余裕があれば明るい笑顔を見せましょう。

特に面接が終わった後は、コンビニエンスストアを出て次の角を曲がるまでは、見られているつもりで、爽やかに歩きましょう。

3.面接の前には自分の履歴書をもう一度よく読む

面接に行く前には、自分の履歴書をもう一度よく読みましょう。
緊張すると話がまとまらなくなったり、話が飛んでしまうことは、よくあることです。

また、面接の場で緊張をして、話がしどろもどろになって履歴書に書いたことと別のことを言ってしまうことも、よくあることです。
話しの途中でミスをすると、どんどん加速度的に緊張が増してしまうので、面接の前にもう一度自分の履歴書を読みましょう。

落ち着いて自分のことを説明できれば、大丈夫です。
自分に自信を持って、面接に挑み、コンビニバイトに受かりましょう。

関連情報(外部サイト)