コンビニバイトに向いている人の特徴3つ。多岐に渡る仕事だからこその適正

コンビニバイトに向いている人の特徴3つ。多岐に渡る仕事だからこその適正

コンビニのアルバイトと言えば、アルバイトの中で最もポピュラーなアルバイトと言ってもいいかもしれません。

レジを打つだけでしょ、誰にでもできるんでしょ、と思っている人は大きな間違いです。
コンビニバイトにも立派な適性があります。

そこで今回はコンビニバイトに向いている人の特徴についてご紹介します。

ガッツポーズをする女性

1.物事を広く浅くこなせれる人

コンビニのアルバイトは様々な仕事があります。メインとなるレジ打ちは当然のこと、棚から無くなった商品を補充するための品出しや

店内や店周りの掃除、最近はどこのコンビニでも店内で調理したフライドフーズが置いてありますので、かんたんではありますが、料理も必要となります。
一つのシフトでどれもこなすため、自分はレジだけやればいいや、掃除は他の人に任せておけばいいや、ではコンビニのアルバイトは務まりません。

何事にも柔軟に対応できるフットワークの軽さや、広く浅く物事をこなす力が必要となります。

2.どんな年代の相手にもうまく対応できる人

コンビニは多くのお客さんがやってきます。子供も来れば、おじいちゃんおばあちゃんも来ますし、主婦の方や明け方であれば、ホストをされている方も来ます。

そのため接客対象は老若男女全てになります。例えば、接客対象が自分に年齢の近い、比較的若い人であれば、動きのテンポも大体一緒ですので、レジなどもスムーズに進めることができます。

しかし、これがおじいちゃんおばあちゃんになった場合どうでしょうか?

後ろに列ができているのに、お金を出すのが遅かったり、財布から小銭をすべて出してから勘定を始めたりと、ペースが遅くなります。そういったペースにもイライラせず、笑顔で対応することが大切です。

また、主婦の方などは買い忘れがあるとレジに商品だけ置いて、買い忘れの商品を取りに行ったりします。

そういった行動にもペースを乱されずに接客をすることが大切です。色々な年代の客がいますと色々な行動を取ります。ジェネレーションギャップを感じつつも、相手の行動を理解し、接客を務めることが大切です。

3.知識の幅が広い人

コンビニは狭い店舗に色々な商品が置いてあります。

また、最近のコンビニは映画のチケットも発券できたり、荷物を受け取ることもできます。
そこで必要とされるのは、幅広い知識と常識力です。配送とはこうだとか、この商品は生ものだから賞味期限が短いとか、缶コーヒーの銘柄、缶ビールの銘柄などにも詳しく無いと接客に不都合が出てしまいます。

極めつけはタバコの銘柄に詳しくならないといけないことです。コンビニでタバコを買う人は結構います。

タバコ税が増えて、金額が上がろうが、そんなの全く関係ないと言わんばかりにコンビニのタバコは売れます。客は店員がタバコの銘柄を知っていることなんて
当たり前のように来るので、銘柄を言われた時にすぐに反応して、カウンターの中にあるタバコを取らねばなりません。

あまりにもトロトロしていると客に迷惑をかけてしまいますし、自分自身も焦ってしまいます。せめてもの救いは、タバコに番号がついているので、番号を客が言ってくれれば、対応できます。

未成年であっても興味が無くても、タバコや酒の知識をつけないといけません。それがコンビニの仕事です。