コンビニバイトをする時に覚えること8つ。楽しく学んで身につけよう

コンビニバイトをする時に覚えること8つ。楽しく学んで身につけよう

コンビニ店員の仕事は、単純作業がほとんどなので慣れてしまえばへっちゃらですが、初めは覚えることが山ほどあります。

ここではコンビニ店員が必ず覚えなければならない作業を紹介したいと思います。

レジ前に経つ猫

1.レジ、接客

コンビニ店員の最も代表的な仕事です。

お客様がレジに持ってきた商品のバーコードを読み取る→合計金額を申し上げる→お預かり金額を申し上げる→お釣りがある場合は、お釣り金額を申し上げて返却、といった一連の流れを繰り返します。

バーコードがない商品は、直接レジを操作して入力します。「いらっしゃいませ」、「ありがとうございました」、「またお越し下さいませ」は接客業務をする上で最も基本的な声かけです。

ハッキリと大きな声で言うように心がけましょう。

2.廃棄処理

店内にある消費期限が記載されている商品で、消費期限の数時間前になっても売れなかったものは廃棄処分となります。

廃棄処分になった商品は販売できませんので陳列棚から引き下げて、パソコンやレジに廃棄入力をした後、廃棄します。

3.ホットスナックの調理

揚げ物・おでん・肉まんなどを作ります。揚げ物はフライヤーの電源を立ち上げ、油の温度が上がるまで少し待ってから冷凍保存されている揚げ物を揚げ、レジ付近に陳列します。

揚げ物によって揚げ時間が異なるので間違わないように注意しましょう。肉まんは蒸し器に入れ、30分で出来上がります。おでんは濃縮つゆをお湯で溶かし、その中に具を入れて煮れば出来上がります。

ホットスナックにも消費期限があるので廃棄処分を忘れないよう気をつけましょう。

4.商品陳列

毎日決まった時間に、配送センターからたくさんの商品が搬入されてきます。

その商品を陳列棚に並べたり、新商品が入ってきたときは特設スペースを確保して、目立つように売り出したりして工夫します。

5.収納代行

公共料金や電話料金などの受け取りを、会社に代わって代行するサービスです。

お客様が持ってきた払込用紙のバーコードを読み取る→代金を受け取りお釣りがある場合は返却する→受領証兼お客様控えを渡す、といった一連の作業を行います。

6.宅配集荷

ゆうパックや宅配便の集荷を、郵便局に代わって代行するサービスです。

お客様に宛先や送り主情報などを専用の用紙にご記入いただいたあと、荷物のサイズを測る→配達日指定の希望を聞く→配達予定日を申し上げる→発払いなら代金を受け取る→受領証兼お客様控えを渡す、とった一連の作業を行います。

7.清掃

コンビニ店員が掃除する場所は、主にトイレ・床・ゴミ箱・店前(駐車場)です。

それぞれのコンビニには必ずマニュアルがあるはずなので、それに従って丁寧に清掃をします。

2.レジ側に置いてある商品

店内の陳列棚に陳列されている商品の他に、レジ周りに保管されている商品がいくつかあります。

それはたばこ・はがき・切手・フライヤーなどです。たばこは一つ一つに番号が打ってあるので、銘柄を言われても分からないときは、番号で伝えてもらうようにお客様にお願いしましょう。はがきや切手は数量を間違えないように注意しましょう。

コンビニ店員の仕事内容はチェーンによって若干異なる部分もありますが、主には上記の様なことを覚える必要があります。

とはいえ一度覚えてしまえば、スムーズにこなせる仕事が多いでしょう。

仕事をマスターして、楽しくアルバイトしましょう。