コンビニバイト早朝シフトのメリット5つ。健康的な生活が送れるなど

コンビニバイト早朝シフトのメリット5つ。健康的な生活が送れるなど

アルバイトの定番、コンビニ店員。
コンビニには必ずシフト制があって、個々の従業員の働く時間が決められます。

もちろん働く人の都合によって店側と調整するわけですが、では、「早朝シフト」を選んだ場合、どんなメリットがあるのでしょうか。
意外に多い早朝シフトのメリットを、ここでは5種類ご紹介します。

早朝

1.一日が有効に使える

早朝シフトの最大の特徴は「仕事が朝のうちに終わってしまう」ということでしょう。
そして、それがイコール、最大のメリットになっているのです。

たとえば学生で早朝シフトを選んだ場合、学校の授業をバイトの犠牲にすることがほとんどなくなります。
100%というわけにはいかないでしょうが、受けたい授業、出たい講義を選択することが無理なくできるのです。

また、フリーのアルバイターの場合でも、朝のうちに仕事が終わってしまいますから、昼間にまた別のバイトを掛け持ちすることも、じゅうぶん可能です。

同時に、精神的なメリットも大変大きなものがあります。
夜のバイトをしていると、、仕事が終わったらあとは帰って寝るだけとか、疲れたからお酒を飲もうというようなことになるでしょう。

その点、早朝のバイトは、仕事が終わってからの一日の時間が大変長いのが特徴です。
ですから、そのときの解放感が大きく、テンションが上がります。
「よし、これから一日が始まる」という気分になって、その結果、充実した一日を過ごすことができるのです。

2.早起きの習慣が身につき、健康的な生活になる

早朝シフトを続けた場合、早起きの習慣が自然に身につきます。
最初のうちは「早起きがつらい」と感じることも少なくないでしょう。
しかし、それが習慣になってしまえば、どうということもありません。

毎日早起きするようになれば、当然、夜も早く寝るということになっていくでしょう。
ふつうに生活していたのでは、なかなか身につかない早寝早起きができるようになるのです。
夜、早く寝るためには、遅くまで飲食したり、友人と遊んだりする機会を減らさねばなりません。
これが健康的な生活につながります。

同時に、飲食や夜遊びが減ればお金の無駄遣いも減りますから、経済的なメリットが生じるのです。

つまり、健康的な生活が手に入り、同時にお金も貯まりやすくなるのが、早朝シフトということができるでしょう。

3.めんどうなお客さんが少ない

店のロケーションによって、その忙しさはかなりちがってきます。
中には「コンビニの早朝シフトは、客が少なくて楽」という体験談もあるようですが、すべての店がそうであるわけではありません。
たとえば、オフィス街や、高校の近くにある店だと、朝、かなり多くのお客さんが訪れるということも、じゅうぶんありえます。

しかし、早朝の良いところは、訪れるお客さんがみなさん忙しいということ。
通勤、通学途中で店に寄る人がほとんどなのですから、面倒な注文や、クレームを言ってくる割合は、ほかの時間帯より激減するのです。

たとえば、深夜シフトの場合だと、酔っぱらった客も多くなりますから、当然、めんどうな注文やクレーム処理の仕事も増えるでしょう。
早朝であれば、そういうお客さんはほとんどいません。
また、毎朝コンビニで買うものが決まっているお客さんも少なくないので、対応がかなり楽なのです。

慣れてくれば、お客さんの顔を見ただけで「あの人は、パンとカフェオレだな」とわかるようになります。
また、少々こちらが不手際をしたり、ミスをしたとしても、「これから会社で朝イチのミーティング」とか「早くしないと学校に遅れる」というような状況にあるお客さんが、うるさく文句を言うことはほとんどありません。

これも、早朝シフトの大きなメリットではないでしょうか。

4.集中力が養える

前項に関連して、「集中力が養える」というメリットもあります。

特に朝、忙しいタイプの店では、前項のように通勤や通学途中で来店するお客さんがかなり多くなります。
しかし、たとえば高校が近くにある店の場合、生徒の通学時間はある時間帯に限られますし、授業が始まれば、ぱたっと客足は止まるわけです。

ということは、そのごく限られた時間帯、多くの場合20分から30分ぐらいの間だけ、仕事の集中すればあとは楽ということになります。
これは、短時間の集中力を養うには大変効果的なトレーニングです。

将来どんな仕事につくにしろ、この経験と、身に着けた集中力は必ず自分の「強み」となって、仕事に生かされるに違いありません。
また、いくら忙しいといっても、前項で説明したとおり、お客さんと売れる商品のパターンは限られますので、すぐに慣れることができるはずです。

5.日中のシフトに比べて時給が高い

もう1つ、比較的時給が高いというのも、多くの人が注目する早朝シフトのメリットでしょう。

店によってもちろん違いはありますが、日中の勤務時よりも1割ぐらい時給が上がるケースが多いようです。
深夜シフトよりは安い時給にはなりますが、早朝の数時間で割の良い報酬を手にできるのですから、おいしいメリットであることにちがいはありません。

早朝シフトのメリットを意識してみよう

以上、コンビニでアルバイトをする際の、早朝シフトのメリットを説明しました。
「朝が苦手だから」という理由で敬遠する人が少なくないのが、早朝シフトですが、そのメリットに注目して、選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。

関連情報(外部サイト)