学生がバイトの面接を受ける時に最適な服装とNGな服装

学生がバイトの面接を受ける時に最適な服装とNGな服装

アルバイトの面接に何を着ていくべきか悩む学生の方は多いのではないでしょうか。

社会人みたいにスーツは持っていないし、買うお金もない…とお困りの方、心配は無用です。

今回は、学生がアルバイトの面接を受ける際の服装に関して気を付けるべき5つの注意点をご紹介します。

1.肌の露出が多い服装はNG

どんな職種のアルバイトに応募する時でも、まず注意すべきことは身だしなみです。

初対面での第一印象は非常に重要で、実際の面接に入る前に

応募者が基本的なビジネスマナーをわきまえているかどうかを確認するチェック項目です。

ですから、アルバイトの面接に行く時は相応の服装を準備しておかなくてはいけません。

普段は派手目の服を好んで着ている人は特に注意が必要です。

肌の露出が多い服装は男女ともにNGとなる可能性が大なので、面接には不向きです。

女性の場合は肩出し・ヘソ出し・ミニスカートなど「性」をアピールするような服装は全てNGとなります。

男性の場合は首元をはだけ過ぎないこと、シャツの腕まくり、短パンの着用は避けましょう。

また、職種によっては指定された服装で面接を受ける場合もあります。

(白シャツ、黒ズボン、白い靴下に革靴など)そのような場合は求人側の要求から外れた服装で面接に行かないよう十分気を付けてください。

特に、キラキラした素材のものは避け、カジュアルになり過ぎないように意識した方が無難です。

2.清潔感がない服装は評価を落とす

面接では、衣服に「清潔感」があるかどうかも重要なポイントです。

面接用の衣服は必ず事前に洗濯してアイロンをかけておきましょう。

特に、ブラウスやワイシャツの襟、袖口は面接官からよく見えるので入念に皺を取っておく必要があります。

うっかり見落としがちなのが「ペットの毛」対策です。

室内で犬や猫などを飼っている方は衣服にかなりの量の毛が付いてしまいます。

特に、服の色が濃い場合は白っぽい毛がつくと非常に目立つので、他人に不潔感をあたえてしまいます。

ですから、服にペットの毛が付着していないか念入りにチェックしてから着替えるようにしましょう。

3.意外と見られている足元に注意

面接でチェックされるのは服装だけではありません。

うっかり疎かにしがちな足元にも面接官は視線を向けます。

よくある面接NG例に、「服装はバッチリなのに靴が泥だらけで汚かった」というものがあります。

これは男女ともにアウトです。

靴は服に合わせた色、素材のものを選び、汚れは必ず落としてから履かなくてはいけません。

革靴なら専用の靴クリームで磨いてツヤを出すこともできます。

衣服の指定がない場合でも、スニーカーやサンダルの類は面接向きではありません。

また、女性の場合はヒールが高すぎる靴・全くヒールのない靴は避けるようにしましょう。

ヒールは3センチ程度の物がカジュアル過ぎず最適です。

また、男女ともに素足で靴を履くのはNGです。

男性は服装にと靴に合わせた靴下を必ず着用してください。

女性の場合はナチュラルな肌色のストッキングが無難です。

ストッキングは面接会場に向かう途中に伝線してしまう可能性があるので、

必ず予備を持参し、面接前に伝線や汚れがついていないか確認してください。

4.大人しめで清潔感を意識したシンプルな装いがベスト

学生バイトの面接で何が最適な服装なのでしょう。

実は難しく考えることは何もありません。

学生ですから、社会人のようにリクルートスーツをわざわざ用意する必要はないので、出来るだけ手持ちの服から選べば良いでしょう。

華美なもの、派手な柄物、短パン、ミニスカート、ロングスカートなどは選択肢から外れます。

学生生活であまり着ないようなシングルカラーのブラウスやワイシャツを1~2枚は持っていませんか。

それに男性ならば濃い色のズボンを合わせ、女性なら膝丈のシンプルなスカートがあれば十分です。

(プリーツやフリルは華美なので避けましょう。

)どうしても使える服がない場合は、リクルートスーツを扱っているお店で購入してください。

シンプルな物であれば社会人になってからも着られます。

5.派手な髪型・髪色、アクセサリー、香水などは避けた方が無難

面接では服装のみならずバイト応募者の全体像が総合的に判定されます。

服装だけ完璧に整えていても、派手な髪型であったり、学生が身に付けるには高級すぎるアクセサリーを付けていたりするのもNGです。

最近は髪の色が明るすぎることを注意する企業は減ってきていますが、職種によっては暗めの髪色が好まれる場合もあります。

学生バイトの面接では時計の着用はOKです。

ただし、華美ではないことが条件です。

一見してブランド品とわかるような時計は身に付けていない方が良いでしょう。

また、男女ともに香水やコロンのつけすぎは厳禁です。

特に飲食系のアルバイトの場合は香水の使用を禁止している企業がありますので、面接の日には使用しない方が無難です。

まとめ

学生バイトの面接では、社会人のようにリクルートスーツを着用する必要はありません。

男女ともにシンプルで清潔感のある装いを意識してください。

面接用に新しい服を買うよりも、できるだけ手持ちの服の中から選ぶようにしましょう。

あまりにも非常識な服装でないかぎり、見た目の印象だけで応募者を選定することはありませんので、自信を持って面接に臨んでください。

関連情報(外部サイト)