ゲームセンターバイトの仕事内容。業務は幅広く臨機応変な対応が大事!

ゲームセンターバイトの仕事内容。業務は幅広く臨機応変な対応が大事!

ゲームが好きだからという理由でゲームセンターでのバイトを希望する方も多いでしょう。

しかし、実はこのゲームセンターのバイトは業務の範囲が広く、気軽にゲームが好きだからと言った理由で出来るものではありません。

また、ゲームセンターは曜日や時間帯によってお客様の量が大きく違います。

お客様が少ないときと多いときでゲームセンターの仕事の忙しさも変わります。

今回はそんなゲームセンターバイトの仕事内容についてご紹介します。

1.ゲームセンターの基本的な仕事内容

まず、開店前にいくつかやっておく仕事があります。

1つ目はゲームの電源を入れ、ゲーム機にエラーが出ていないかチェックします。

2つ目は店内の掃除です。

この時に店内のイスを並べ直したり、店内の飾りやPOPなどの飾り付けをしたり、ゲーム機の景品の補充をします。

他にもスロットやパチンコ、メダルゲームがある店舗では機械内部にメダルを補充したりもします。

開店後の基本的な仕事内容もいくつかあります。

ゴミや灰皿の吸い殻を回収したり、イスを並べ直したり、UFOキャッチャーなどのゲーム機のガラス面などを拭いたりなどの店内の掃除や整理をします。

そしてどんな商品が新しく入荷したのか、どんなサービスを行っているのかなどを店内アナウンスでお知らせします。

他にも店内で迷惑行為や不正行為などを行うお客様がいた場合に注意したり、

18時以降から立ち入り禁止になる年齢のお客様がいるので年齢確認をした後に退場してもらうように促したりします。

(18時以降は16未満が立ち入り禁止、22時以降は18歳未満が立ち入り禁止です)

2.プリクラ、UFOキャッチャーの仕事内容

プリクラコーナーはシール切れのエラーが出たらシール交換を行います。

そしてプリクラコーナーは撮影中や落書き中に盗撮や置き引きなどの犯罪が行われやすいので定期的に見回りをして注意喚起をします。

最近ではコスプレ貸出を行っている店舗もあるので、コスプレの貸出や管理を行ったり、フィッティングルームの掃除なども業務に入ります。

その他には最新のプリクラ機が入ったら、そのPOPを書いたりもします。

UFOキャッチャーコーナーは景品の補充や在庫確認、お客様が取った景品を入れる袋の配布などをします。

そしてUFOキャッチャー内の景品を落ちやすいところに置いたり、景品についてるリングやチェーンなどの仕掛けをつけたりもします。

他にもくじで商品を当てたお客様へ景品を渡したり、お客様からの要望を受けてUFOキャッチャー内の景品を動かしたりもします。

どんな景品があるのかなど、ゲーセン内を盛り上げるDJのようなことをするのも、このコーナーを担当する人が行うことが多いです。

3.メダルゲーム、パチスロ、ビデオゲームコーナーの仕事内容

メダルゲームコーナーは台によって遊び方がわからないお客様がいたりするので、台の遊び方の説明を求められることがあります。

そのため自分が働いているゲーセンに置いているメダルゲームの台の遊び方を把握しておく必要があります。

そしてメダル詰まりやメダル切れのエラーの対応や店舗によってメダルを預けることができるサービスがあるので、その対応もあります。

パチスロコーナーではあまり仕事はありませんが、イスを並べ直したり、エラーの対応がほとんどです。

そしてビデオゲームコーナーでもイスを並べ直したり、エラーが出たときに対応するのがほとんどです。

その他はパチスロやビデオゲームの画面などの拭き掃除などもあります。

この3つのコーナーでは喫煙をするお客様が比較的多いので、灰皿のゴミの回収を定期的に行う必要があります。

そして、ここでも置き引きなどの犯罪が行われることがあるので巡回や荷物に注意するようにという注意喚起を行う必要もあります。

いかがでしたか。

ゲーセンでのバイトは最初に書いたようにお客様がいないときは基本的にあまりすることがないですが、

休みの日や夕方になると家族連れや学生の方が増えてくると急に忙しくなります。

そしてお客様の迷惑行為も少なくないので、その対応などもちゃんとしなくてはいけません。

マニュアルは各店舗で用意されてはいますが、臨機応変に対応する能力も求められます。

関連情報(外部サイト)