ハローワークでのバイトの探し方。仕事探しのプロに頼ってみよう!

ハローワークでのバイトの探し方。仕事探しのプロに頼ってみよう!

ハローワークは、厚生労働省によって就職支援と雇用促進を目的として全国に設置され、

そこではあらゆる相談の受付や支援をする窓口が設けられています。

今回はハローワークでのバイトの探し方をご紹介します。

1.仕事探しのプロが、あらゆる相談にのってくれます

ハローワークでは、自分でインターネットやチラシ求人などから求人情報を拾って吟味していくのとは違って、

仕事に関するいろいろなご相談を受けてくれる窓口のサービスがあります。

仕事探しなんて作業は、人生の中でも忘れた頃にやってくるもの。

慣れている人なんていませんよね。

そんな私達にとても力強い助けとなります。

窓口の担当者は当然その地域の求人にとても詳しく、あらゆる地元の企業を熟知しています。

またあらゆる職種について知識があります。

どのような仕事を選べばよいか迷っている方には、適性検査やこれまでの職務経験の整理を行うなどの自己分析の手伝い、

また就職したい地域の状況を知りたければ、労働市場情報の提供なども行っています。

一般の求人広告と異なって、ハローワークへの求人掲載には、求人する側の企業に費用はかかりません。

つまり一般の求人広告に掲載されている案件は、そのほとんどがハローワークにも登録されているということです。

ですので、求人の選択肢が限られてしまうのではないか、という心配は要りません。

安心して窓口で相談しましょう。

2.履歴書や職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれます

窓口での相談で担当者は、採用者の目線に立ってアドバイスをしています。

面接の受け方などについてアドバイスをしたり、セミナーを実施したりしてくれるサービスはもちろんなのですが、

特に役に立つのは履歴書や職務経歴書の作り方について、入念にアドバイスをしてくれることではないでしょうか。

窓口の担当者は、良い印象を与える応募書類についてよく知っています。

採用を勝ち取るために、まずは応募書類が大事。

ここで悪い印象を与えてしまっては元も子もありませんよね。

求職者にとって、とても大事な工程ですがなかなか書き馴れている人っていません。

自分の長所や短所、アピールポイントなんてどう書いていいか分からずにアイデアを考えるだけで、

かなりの時間を費やしてしまいそうですが、窓口の担当者は学校の先生が赤ペンを入れるように、熱心に書き方を教えてくれます。

また自分の長所やアピールできるポイントについてもうまく引き出してくるのです。

3.応募から面接までのコンタクトを行ってくれます

希望にあった求人が見つかれば、早速応募です。

普通なら、自分で電話をしたり書類を送ったりしてコンタクトを取らなければいけないのですが、

ハローワークの窓口では、担当者がその場で電話をしたりしてコンタクトを取ってくれます。

バイトの応募をする時って電話にしてもネット応募にしても、言葉遣いや礼儀など気になる点が多いですよね。

相手が忙しい時間帯かも、と思うと大丈夫だったかなと心配することも。

そんな煩わしさがなく安心して任せられるのも嬉しいサポートのひとつです。

不明な点がある場合などには求人企業に確認もしてくれます。

4.ハローワークへ出向いての求人閲覧は、失業保険での求職活動実績になります

ハローワークでは自宅などでも求人の閲覧ができる、インターネットの求人システムを設けているのですが、

窓口に出向いた際にも館内の端末を利用して閲覧することができます。

もしも失業保険のために求職活動の実績が必要なのであれば、

ここでの閲覧が実績として1回分カウントされるのでぜひ押さえておきたいポイントです。

館内には求人情報を掲げた掲示板などもありますし、自己啓発の為の様々な支援情報を得ることができます。

気になった求人についてすぐに窓口へ行って、問い合わせできるのはとても便利ですよね。

このようにハローワークの窓口では、求職者にうれしい至れり尽くせりのサポートがあります。

家でひとりで求人広告を見ながら、もやもやと悩んでいるより、ぜひ窓口へ出向いていろいろなサービスを活用し、

自分にあったバイトを見つけてください。