飲食バイトをすると太りやすい理由3つ。賄いや廃棄食品が原因

飲食バイトをすると太りやすい理由3つ。賄いや廃棄食品が原因

飲食店でアルバイトをする場合、太りやすい人の特徴として、勤務時間に動く機会が少ない場合が多い事が基本です。

また、お店で使わなかった賞味期限が近づいている料理を多く食べたり、脂身の多い料理などのカロリーの高い廃棄料理を多く食べているアルバイトの人が肥満になりやすい傾向があります。

刺し身とわさび

1.店主からの賄いをいつも食べている

個人の経営として、お店を経営している飲食店は基本的に夫婦などの身近な関係として経営をしている事が多いです。

個人の商店として経営している飲食店では、経営者がアルバイトも身近な存在として扱ってくれる事が多くて、豪華な料理などの賄いを出してくれる場合があります。

大手の飲食のチェーン店は、お店の性質上において賄いはあまり受ける機会がないので、大手のチェーンとしての飲食店で働いているアルバイトの人は、肥満でない店員さんが殆どを占めていると考えられます。従って、個人経営の飲食店で働くアルバイトの人は、賄いを食べる機会が多くなって、賄いによるカロリーオーバーで肥満になる傾向があります。

2.お客様がいつも少ないお店で働いている

大手のチェーン店として経営している飲食店では、夕方から夜に掛けてお客様が来店する機会が多いです。

また、祝日や日曜日には子供連れのお客様が多くて、いつも走っている状態で労働をする事によって、カロリーの消費につながる事で働いている店員さんがあまり太らない場合が多くなります。

一方で、個人経営の飲食店で働くアルバイトの人は、お客様が少ない事によって、仕事の量が極端に少なくなる場合が多くなります。

基本的にお客様が少ない飲食店で働けば、消費カロリーもあまりないので、肥満になっていく傾向です。個人の飲食店で働く時、休み時間に賄いを食べる機会が多くなる事も肥満の原因です。

3.カロリーの高いお店の廃棄料理を多く食べている

飲食店の種類によって、当然ながら出す料理が異なります。

健康的な日本料理を出している所もあれば、カロリーの高い料理を中心に出している飲食店もあります。

肉や洋食の料理などのカロリーの高い個人の飲食店で働けば、働いた後にカロリーの高い肉料理を中心に賄いが提供される事が多いです。従って、結局的には個人の飲食店では、あまり動かずに労働した後に、カロリーの高い賄いや廃棄料理に中心に食事をする事が必然になっていくので、軒並み肥満になっていく事は明らかです。

しかし、野菜中心の料理やカロリーの低い日本料理などの廃棄料理を食べる場合は、太りにくい傾向にあるようです。

太りたくない場合には賄いや廃棄食品を断る勇気が必要

飲食店でアルバイトをする場合、太る人の条件として個人の飲食店などの働く環境の条件や提唱される賄いの機会の多さです。また、カロリーの高い廃棄料理や賄いを頂いたり、労働する時の行動の量が少ない人ほど太りやすい傾向があります。

飲食店でアルバイトする際に太らないためには、カロリーの高い賄いや廃棄料理を出来るだけ頂かない事が大切です。

どうしてもお店の人から賄いを提供する場合は、事情を説明して賄いを断る勇気が必要です。

関連情報(外部サイト)