飲食バイトの面接で気をつけたい服装や格好。アルバイトでもきちんとした格好を

飲食バイトの面接で気をつけたい服装や格好。アルバイトでもきちんとした格好を

飲食バイトの面接にはどのような服装で望むべきなのでしょうか。

バイトの面接と言っても目上の人と接するのですからきちんとした身だしなみは必要でしょう。
食べる物を扱うわけですから清潔さも必要ですものね。

どの様な服装で面接に行けば良いのか悩むところです。面接で好感が持てる服装とはどのようなものなのでしょう。

面接のイスと机

1.どこにでも通用する黒は紺のスーツが無難

色んな職種に対応するのは無難な黒か紺のスーツが良いでしょう。

スーツは目上の人にも印象が良く見えるのとバイトでもちゃんと真面目に取り組もうとしている姿勢が感じられるからです。

余程カジュアルなお店やアパレルでない限りスーツでの面接は好感度を上げるでしょう。

2.ブラウスやスカート、パンツなどのシンプルで清潔感のある服装

スーツを着るほど堅苦しくない飲食店での面接は先ずは清潔感のある服装が求められます。

男子ならチノパンやコットンパンツにジャケットなど、ある程度正式な感じのモノを選ぶと良いでしょう。
女子ならスカートにブラウスなどシンプルで清潔感のある服装で面接に臨みましょう。

3.ジーンズやデニム系はNG

カジュアル感のあるデニム系のズボンやスカートは避けた方が良いでしょう。

デニムは元々作業着としての作られたモノで、最近はキレイ系のモノも多くデニムで仕事に行くビジネスマンも増えているほどですが、
面接官は目上の人のも多く、面接という正式な場でのデニムは敬遠されがちです。

スタッフやお店全体がカジュアルな所であっても面接の時は避ける方がベストです。

4.女性は髪を束ねる

服装に伴い注意が必要なの長い髪の女性です。

食べる物を扱うのに一番気を付けなくてはならない髪の毛。
クルクルのカールや茶髪は派手な印象を与えがちです。

長い髪の毛は束ねるかお団子にして面接に臨みましょう。

5.ブーツでの面接はNG

どうしても派手で遊び感があるブーツ。
女性のブーツ姿は服の印象を華やかにしてしまいます。

いくらシンプルで地味な服装をしていてもブーツを履く事で台無しになるのです。

面接のときは足の見える靴で臨みましょう。

6.胸元が開いた服やミニスカートはNG

女性の面接の場合ですが、ミニスカートや胸元の開いた服での面接はNGです。

カットソーで行く場合は胸元がキレイに見える程度に開いたモノや、スカートも膝丈くらいのモノにするように気を付けましょう。

7.スタイルの良く見える服装を選ぶ

飲食店でのバイトをする場合、業務は接客になる場合が多いでしょう。
お客様の前に出るのですからある程度ルックスは大切です。

なるべく自分のスタイルがキレイに見えるような服装で臨みましょう。

バイトの面接でもきっちりとした服装を

正社員ではないのだから何でもいいのでは?と思いがちなバイトの面接ですが、面接は正社員でもバイトでも正式な機会であるという事を注意しなければなりません。

面接の時電話で服装の事を言われるお店もあるようです。
きちんと自分に合う服装で臨んで下さいね。

関連情報(外部サイト)