飲食バイトに向いている人向いていない人の特徴

飲食バイトに向いている人向いていない人の特徴

どんな仕事でも向き不向きというものはあります。

バイトを探している人でも自分にはどのような職種が合っているのかよく分からずに迷ってしまうという人は少なくないでしょう。

そんな中で今回は求人も多い飲食のバイトに向いている人はどのようなタイプの人なのかご紹介します。

1.動作を丁寧に行うことが出来るか

飲食バイトは当然食べ物を扱う仕事ですので丁寧さが重要になります。

注文を受けたメニューを丁寧に運ぶことができるか、食べ物にホコリや髪の毛が入らないように大きな動作を避けたり配慮することは出来るかなどがポイントになります。

飲食バイトに向いている人は基本的に動作も丁寧で物を大切に扱うことが自然と出来る人が多いので向いていると言えます。

逆にガサツな人は飲食バイトにはあまり向かない傾向にあります。

2.どんな時でも笑顔でいられるか

飲食店でバイトをする場合、ホールと厨房の2つに分かれると思いますが、最近は両方兼用しているバイトも多いです。

ですのでホールでも接客も重要でこれが上手くこなせる人が飲食バイトに向いています。

特に笑顔は接客をする上で重要でどんな時にでも笑顔でいることが必要になってきます。

お客様から注文を受けたり声を掛けられた際、来店時やお会計時でも笑顔を絶やすことは基本的には出来ません。

逆に笑顔を作ることが苦手という人はお客様からすると無愛想に感じてしまいますし最悪それがクレームになることも十分考えられます。

ですので飲食バイトでは笑顔が自然と作れる人は向いていると言えるでしょう。

3.声の大きさ

飲食店ではお客様から注文を受けたものを厨房に伝えて作ってもらうのが基本的な仕事の流れになります。

ただお昼時や晩飯時にはお客様で賑わいますし厨房も慌ただしくなるでしょう。

そうなった場合に小さな声でボソボソとしゃべるようでは注文は厨房に届きませんし最悪作ってもらえてなかったという事態も発生しかねません。

ですので飲食バイトでは大きな声でハキハキとしゃべることの出来る人が向いています。

またお客様から注文を受けた際にそのメニューを繰り返して確認することもあるのでハキハキとしゃべることで注文の受ける際のミスも減らすことができます。

飲食バイトでは大きな声で話すことの出来る人は有利と言えます。

4.清潔感があるかどうか

食べ物を扱う際には清潔感というのはとても重要になります。

手の洗い方でもただ水でササッと洗うのではなく石鹸で爪の間や指と指の間もしっかり洗わなければいけません。

ですので手洗いやうがいなどの習慣がない人は飲食バイトにはあまり向かないです。

また手洗いだけではなく髪型などにも清潔感は重要です。

綺麗に髪の毛をセットされていて髪の毛が耳や目にかかっていないか、フケなどが付いていないかなども重要です。

一応お客様の前に出る機会もあるのでそういった不潔な見た目ではとても飲食バイトに向いているとは言えないでしょう。

食べ物を扱う仕事だからこそ清潔感の有無はとても重要になるのです。

5.手早く綺麗に

飲食バイトではお皿に食材を盛り付けるという場面も出てくると思います。

そこで求められるのは手早く丁寧に盛り付けが出来るかどうかです。

この場合、普段から料理をしている人はこうした綺麗に盛り付けるという作業を得意とする人は多い傾向にあります。

しかし反対に料理をあまりしない人は盛り付けに時間が掛かったり、あまり綺麗ではない出来になる人は少なくありません。

ですのでこうした盛り付け作業には普段から料理をしている人は向いていると考えれらます。

お客様に早くそして綺麗で美味しそうに感じることの出来る食事を提供する仕事だからこそこういったことも大切になるのです。

6.掃除や洗い物がきちんとできるか

飲食店では常に店内を綺麗に清潔にしておく必要があります。

ちょっとしたゴミが落ちているだけでもクレームになることもある仕事ですので掃除などもきちんと行える人は向いていると言えるでしょう。

また飲食店ですので当然食べ終わって汚れたお皿なども出てきます。

そいしたお皿などを洗う仕事もすることになるので洗い残しが無いようにするのも大切です。

掃除や洗い物が雑な人は飲食バイトはあまり向きませんし、場合によってはクビになる可能性も出てきます。

お店のイメージをきちんと守ることの出来る人は飲食バイトは向いていますし飲食店を経営している人が欲しがる人材でもあります。

飲食店に向いていると分かったら応募してみよう

飲食店では清潔感や丁寧さがとても大切になります。

ガサツで物を雑に扱う人はまず飲食店で仕事をするには向いていません。

また接客業も行うことが多いのでいかに人と自然に触れ合えるかも重要になります。

そういったことが苦手に感じる方が飲食バイトをすると苦痛に感じることが多いかもしれません。

仕事は飲食バイトだけではなく様々な職種が存在しているので自分に向いているか向いていないかをきちんと把握することが仕事選びには必要なことです。