自分に合ったバイトの探し方5つ

自分に合ったバイトの探し方5つ

バイトを始めたものの、自分に合わないことが分かって、すぐに辞めてしまうというケースが少なくありません。

できれば自分に合ったバイトを見つけて、楽しく働き、長続きさせたいもの。

今回は、自分に合ったバイトを見つけるやり方を5つのステップで紹介します。

1.できるだけたくさんのバイト情報を収集する

本当に自分に合うバイトを見つけるために、一番してはいけないのは、最初から選択肢を少なくしてしまうことです。

世の中には大変多くの種類のバイトがあります。

今まで意識したことのない仕事、その存在すら知らなかった仕事もあります。

もしかするとそういう仕事の中に、自分に合うものを見いだせるかもしれません。

ですから、まずはできるだけたくさんのバイト情報を収集してみましょう。

「へえ、こんなバイトがあるんだ」というような情報も含めて、仕事の種類をできるだけたくさん知ること。

これが最初のステップです。

その上で、「このバイトは絶対に無理」とか「自分の能力では不可能」と思うバイトだけ、オミットしましょう。

「自分には向いていないかもしれない」とか「ピンとこない」というものは残しましょう。

残ったバイトが、あなたにとっての選択肢になるわけです。

2.人にアドバイスを求める

多くの人は、その選択肢から自分に合ったものを自己判断しようとします。

間違いということはありませんが、自己分析よりも先に、他者からのアドバイスを求めることをオススメします。

その方が、自分自身に関する先入観を捨てやすいからです。

家族や友人、知人、先輩、後輩などなど、あなたのことを知る人に、「自分にはどんなバイトが向いていると思うか」を聞いてみましょう。

自分では思ってもみなかった「オススメバイト」が出てくるかもしれません。

そうでなくても、他者の客観的な評価を知っておいた方が、バイト選びが正確にできます。

3.サイトの適性・適職診断を利用する

あなたのこと知っている人のアドバイスをもらったら、次に、適性診断、適職診断のサイトをチェックしてみましょう。

これも、客観的な他己分析の一つの方法です。

できれば一つではなく、複数のサイトで診断してみるといいでしょう。

ただし、前項も含めて、人のアドバイスや診断は、あくまでも自分に向いているバイトを見つけるための「参考意見」です。

適性診断をそのまま鵜呑みにする必要はありませんし、診断を100%信じてそれに従うのはオススメできません。

次のステップに進みましょう。

4.自己分析をする

多くの人が最初にするであろう「自己分析」を、ここで初めてしてみましょう。

自己分析というと、むずかしいように感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

「自分の性格」「好きなこと、嫌いなこと」「得意なこと、苦手なこと」を思いつくまま、書き出してみるだけでいいのです。

その際、第2ステップ、第3ステップのアドバイスや診断を参考にしましょう。

他者からの評価を先にもらっておくとによって、自分自身に対する「思い込み」を少なくすることができます。

「自分はこういう人間なんだ」ということが、より客観的に把握できるわけです。

5.最初の情報に戻って、向き不向きを判断する

最後に、第1ステップのバイト情報に戻りましょう。

最初のあのバイト情報に戻って、具体的な求人を1つずつチェックしてみましょう。

そして、そのバイトが自分に合っているかどうかを判断します。

そのバイトをしている自分の姿を、できるだけリアルに想像してみるのがコツ。

しっくりくるバイトもあれば、そうでないバイトもあるでしょう。

そして、その中から最もしっくりくるバイトを見つけてください。

それが、あなたに向いているバイトです。

いかがでしたか。

自分に本当に会ったバイトを見つけるための方法を、5つのステップで紹介してきました。

ポイントは、「できるだけたくさんの選択肢を持つ」「自分に対する思い込みを、できるだけ排除する」

「自己分析よりも人からのアドバイスや診断を先行させる」「自己分析をした上で、具体的なイメージをしながら、バイトを選択する」

ということになります。

是非、今回ご紹介した方法を実践して、自分に合ったバイトを見つけましょう。

関連情報(外部サイト)