女性でも引越しバイトは可能なのか

女性でも引越しバイトは可能なのか

男性の活躍が多くみられる引っ越しのバイトを検討されてる女性も中にはいると思います。

女性でも引っ越しのバイトは出来るのか、どういったことが大変か、またどういう女性がバイトで力を発揮できるのかをまとめてみました。

1.男性に負けない体力を持っている場合

引っ越し作業は、主に力仕事が中心です。

男性の力でも抱えきれない荷物や大型家電といった、かなり重いものを運ぶことが多いです。

男性でも二人がかりになって運ぶケースもあるので、それに負けない程の力や体力を持っている人は、このバイトを選択することが可能でしょう。

ただ、どうしても男性と比べて力が劣ってしまうのは仕方のないことです。

そういう時は男性にお願いする場面もあるかと思いますが、体力の面で勝るような体をもっているならば、歓迎する引っ越し業者もあることでしょう。

2.梱包を主に行う

男性に比べて女性が有利とされる場面は、女性の器用さと丁寧さが重視される梱包の作業です。

以前までの引っ越し業者の仕事内容は、荷物の運びだし、運搬、また新居に運び込むといった業務が中心でしたが、現在の引っ越し業者は、小さなものから大きなものまで、梱包から作業してくれる業者が多くなりました。

引っ越しを希望する方の荷物は、そのお客さんの生活用品や骨董品、趣味で集めていた小物など、その方にとってとても大切なものです。

処分ではなく、新居にもっていくという荷物は、その人にとって今後も必要なものと言えます。

そのため、扱いや運び方にも慎重になる必要があります。

手先の器用な女性は、梱包の仕方も丁寧ですし、重さや割れやすさなどをきちんと考慮して、梱包作業を取り組みます。

その点は、男性にない視点から作業が出来るため、女性の活躍も見受けられます。

お客さんにとっても、女性が梱包してくれた方が、安全で安心するということもあります。

3.女性客には女性スタッフが必要

引っ越しの依頼のお客さんが女性客だった場合、そのお客さんは女性スタッフを好むケースが多いです。

一人暮らしの女性など、見知らぬ男性が自分の部屋に入り、荷物を整理するといったことに不安感を抱く方も多いです。

業者の中に、一人でも女性がいると安心するでしょう。

また何か要望などあった場合、女性相手だと話しやすく、伝わりやすい傾向もあります。

現在、そういったお客さんのために、女性限定スタッフを派遣するプランも出てきました。

お客さんの希望であれば、女性スタッフだけで引っ越し作業を行うといったものです。

女性客は同性であるからこそ安心出来ますし、見られたくないものも女性であればそこまで気にする必要もありません。

こうしてお客さんのニーズに答えて、引っ越し業者で女性スタッフを起用するところも増えてきています。

4.こまかな配慮が出来る

もちろん男性スタッフも作業する際、細心の注意を払いながら作業をしていますが、女性の視点から見た時、さらに細かい所まで配慮することが出来ます。

大きなものを運ぶ際、床や壁を傷つけないようマットやシートなどを活用したりする場面がありますが、女性目線だと男性以上に先を読む能力に優れていることが多いので、断然事前に回避する事が出来るようになります。

こういった小さい気遣いが、気持ちよく新居に入居する一つの仕事となります。

そのため、マットやシートを担当してる女性スタッフも多くみられます。

またその他にも、荷物を運び出した後の汚れやごみを掃除してくれるという業者も多くなりました。

新居に荷物を単に運ぶだけでなく、お客さんがのちにやりやすいように、荷物を運び出した際に出てきたホコリなどを女性が掃除するといったことも見られます。

こうした場面では、日頃から掃除になれている女性が力を発揮できる場面と言えます。

5.受付や電話応対、伝票整理

引っ越しバイトは、すべて現場の仕事だけではありません。

当然業者の会社があり、その店舗内で作業するいわゆる事務のお仕事は、女性スタッフの方が多いです。

引っ越しバイト=力仕事だけがメインではなく、事務所で作業のバイト募集もあります。

接客応対はもちろんのこと、梱包に使うための箱や、割れることを防ぐ緩衝材やクッションの準備作業なども仕事のうちの一つです。

こういった軽作業にはバイトとして女性スタッフを募集していることもあります。

現場だけのイメージに囚われているかもしれませんが、実際他にもやるべき内容は多く存在しますので、女性スタッフの活躍の場はあります。

女性でも引越しバイトで活躍はできる

これなら女性も引越しバイトを出来ると思える内容もあったのではないですか。

引っ越しバイトは男性だけに限らず、女性にしか出来ない仕事も多く存在しているのです。

時代がだんだんと変わり、お客さんのニーズに合わせる傾向が見られ、女性を好んで採用している業者も多々出てきました。

体力に自信がある方はもちろんのこと、まずはどんな仕事内容を任せられるのか確認してみましょう。

女性ならではの仕事内容が待っているかもしれません。

関連情報(外部サイト)