カフェバイトの仕事内容。オシャレで楽そうなイメージも実はキツい!?

カフェバイトの仕事内容。オシャレで楽そうなイメージも実はキツい!?

学生に大人気のカフェバイト。

オシャレなイメージで、誰もが一度は憧れたことがある職業ではないでしょうか。

そこで今回は人気のカフェバイトの仕事内容についてご紹介します。

1.ホール業務

ホール業務は、店舗の規模や店の形態により大きく左右されますが、

基本は来店したお客さんを席に案内し、オーダーを聞いて、料理を運ぶ業務です。

店舗によっては、ドリンクを作り、会計を任されることもあります。

帰宅した席の後片付けや、トイレ掃除等もホール担当者の業務です。

店頭でコーヒー豆を販売している店舗の場合、商品の補充作業も行うことがあります。

セルフ式のカフェの場合、ホール業務はテーブル拭きやゴミ拾い、店内清掃に限られ、お客さんを席まで案内する業務や、

オーダーを聞いて料理を運ぶ作業は、基本的にはしませんが、手足の不自由なお客さんが来店した場合は、この限りではありません。

2.キッチン業務

キッチン業務は、オーダーの入った料理を、ひたすら作っていく業務になります。

店舗により、開店前や営業中に食材を仕込んだり、閉店後に調理場の清掃をすることもあります。

お客さんと直接かかわることが少ないポジションですが、ピークタイムになると、どんどんオーダーが入ってしまい、パニックになることが多くなります。

パニックになってしまうと、オーダーミスやトラブル、クレームの原因に直接つながりますので、冷静且つ迅速に作業しなければなりません。

最近は、お客さんの要望に応え、一つの食材を抜いて調理する事も多々あり、正確さも必要とされます。

3.レジ業務

セルフ式カフェの場合にのみ加わる業務です。

お客さんから入ったオーダーをキッチンに通し、お客さんからお金を頂く業務です。

イートインか、テイクアウトかを確認してからオーダーを聞き、お客さんに提供します。

多くのセルフ式カフェの場合、レジ前に軽食や砂糖などの備品が多く陳列されていますので、それらを補充することも重要な作業です。

他のポジションよりも、はるかにお客さんと関わることが多く、直接お金のやり取りをすることが多いので、

正確さと迅速さ、声の大きさも必要とされます。

さらには常に笑顔でいることが要求され、笑顔でいないとクレームを入れてくるお客さんもたくさんいらっしゃるので、注意が必要とされます。

4.洗浄業務

お客さんから返却された食器をひたすら洗っていく業務です。

店舗によっては洗浄機があるのですが、カップに付いた口紅等は、一つ一つ擦らなければ落ちないので、

とにかく両手を常に動かしていないといけない業務です。

セルフ式の場合、洗浄が追い付かず、キャッシャーやキッチン係から催促されることもあります。

ピークの時間帯になると、一気に流れ込んだお客さんが一気に帰るので、とにかくスピードが重視されます。

一定時間ごとにゴミ箱を空にすることも、洗浄業務の一つですし、野菜等の仕込みをお願いされる事もありますので、

とにかく早く作業をする事が一番重要となってきます。

5.開店及び閉店業務

開店前と閉店後は、店舗によって大きく異なりますが、朝一、あるいは閉店直前に着いていたポジションによって作業が分けられます。

ホール業務の方は、店内清掃がメインで、店内の掃き掃除やモップ掛け、前夜に行っていなかった場所の掃除等も行っていきます。

朝一にキャッシャーに着いていた方は、レジのお金を補充し、備品や商品の陳列、更にはコーヒーマシンの立ち上げ等を行っていきます。

閉店後は、レジのお金があっているかどうかの確認と、一日の売上を確認し、日報に記入していく作業もあります。

キッチン業務の場合、朝一は食材の確認と、仕込み作業がメインになります。

閉店後は、キッチン周りの清掃や消毒がメインになります。

いかがでしたか。

カフェバイトは店舗や形態により、作業内容が大きく変わります。

バイトの面接前に店舗まで足を運び、店内の様子や雰囲気を見やすい場所ですので、面接の前に一度行ってみるのも良いかもしれません。

カフェバイトはオシャレでゆったりとしたイメージが強いですが、そうでないところもたくさんあるので、

一度下見に行き、自分のイメージと近いかどうかを調べるのも良いでしょう。

関連情報(外部サイト)