人気のオープニングバイトに応募する際の3つの注意点

人気のオープニングバイトに応募する際の3つの注意点

オープニングバイトと言うと一からお店を始めることになるので、

先輩後輩関係がなく面倒くさいお局や大きな顔をするような人とも同等の立場で始められることから人気だと言われていますが、

オープニングだからこそ気を付けておかないといけないことが多くあります。

そこで今回はオープニングバイトの注意点をご紹介します。。

1.マニュアルや仕事内容をしっかり覚える

オープニングのバイトでは社員以外の周りのバイトのほとんどは新人と言うことになります。

そのため、一人がミスをしたり失敗をしてしまうと周りにも感染してどんどん将棋倒しのようにミスがつながってしまうこともあります。

特にオープニングの際には集客に力を入れるので他の店舗からヘルプスタッフを呼んだり偉い人が来たりして手助けはしてくれますが、

実際にそのお店で働く人はそのヘルプが来ている数日だけでなくその後もずっとお店の顔として働くことになります。

そうなると、オープニングスタッフは他のバイトのようにいつまでも新人面をしているわけにはいかないのです。

そのため、オープニングでないアルバイトに比べると少しだけ気合を入れてマニュアルや仕事内容を覚えて仕事をする必要があります。

2.人間関係に気を付ける

オープニングバイトではパートもバイトも年齢に関係なく同じような新人の立場から仕事を始めることになります。

そのため、先輩後輩という面倒な関係はなくなりますが、同僚・同期同士のつながりがより大事になってくるでしょう。

オープニングバイトでは連絡の仕方や連携の取り方なども決まっておらずに仲間同士の協力や調和が必要に鳴ってくるでしょう。

そのため、普通のバイトではあまりコミュニケーションを取らなかったりしてもある程度は大丈夫ですが、

オープニングの場合はコミュニケーションを取らなさすぎると問題になってしまったり、人間関係のトラブルになってしまうこともあります。

逆に、バイトには色々な人がいるので仲良くなりすぎてもいざこざが起こることがあるのである程度の節度をもって

バイト仲間との距離を掴みながら上手に付き合っている努力が普通のバイトよりも必要です。

3.最初のうちは残業を覚悟する

未成年で夜働けない場合は別として、大人の場合は残業が残ってしまうこともあります。

というのも、オープニングをするということは様々なトラブルが起こるでしょう。

鳴れていないお店で働くことから内装に関するトラブルや、大量募集をすることからアルバイトに関するトラブル、

オープニングということで集客をするのでお客様も多く来るために待ち時間ができてしまってクレームになったり

話題になっていればクレーマーが来ることも…。

そうなると、どんどんと業務内容が重なって後回しになり、販売であれば閉店時間が遅れ、その後の片付けなども遅れてしまいます。

バイトや社員が1日の業務内容に慣れるまでは仕事を効率的にできないので自分のやる分の仕事が自分が働く時間内にできずに残業になってしまうので、

バイトでも20歳以上の大学生では閉店後も残って手伝いをしなければならない…と言うことも考えられるでしょう。

そのため、飲食などのオープニングの際には慣れるまでは残業が出てしまう可能性も視野に入れて応募するようにしましょう。

ただし、普通のバイトであれば残業分もしっかりと時給が出ますし、夜遅い場合は18歳以下には働かせないなどの規定があるため

それに反している場合はすぐにバイトを辞めるなどの対応をしましょう。

いかがでしたか。

オープニングバイトは慣れてしまえばとても楽しいのですが、慣れるまでの努力は普通のバイトに比べると多いようですね。

飲食ではオープニングの際に会社の偉い人が多く来て厳しくマニュアルやマナーをチェックされるので社会の厳しさに触れたい大学生にはオススメです。

関連情報(外部サイト)