ラーメン屋でのバイトの主な4つの仕事内容。何より清潔さが大事!

ラーメン屋でのバイトの主な4つの仕事内容。何より清潔さが大事!

道を歩けばそこらかしこにあるラーメン屋。

中に入ればたくさんの人が元気よく活気に溢れ働いています。

そんな店舗の一員になりたい貴方へラーメン屋のバイトの仕事内容についてご紹介します。

1.仕込み作業

開店時間にあれば何も用意せずにお店が始まるわけではありません。

バイトでも仕込を手伝う事は多々あります。

ラーメン屋の仕込といえば命であるスープ作りですがこちらは時間も手間もかかるうえお店の評判を左右しかねないので、

あまりバイトが手伝う事はありません。

バイトの仕込時の仕事は主にラーメンの上に乗るネギや卵、メンマなどの仕込になります。

大量のネギをひたすら切り、パック詰めしたりスープと煮込む野菜をカットしたりと社員のお手伝いとなるような仕事が多いです。

後は営業時間にあわせ大量のご飯を研ぎご飯を炊く事です。

ラーメン屋では白ごはんやチャーハンなどが多く出るためこれも重要な仕事です。

2.開店前の清掃作業

お店の壁がベタベタであったり清潔に保たれていないとお客さんも嫌な気持ちになります。

そこで店内を清潔に保つこともバイトの仕事として重要となってきます。

まずはお店の玄関前の外掃除。

お店の顔でもある入口前にゴミが溜まっていてはいけません。

落ちているゴミを拾い、軽く掃き掃除をし、通る人に清潔なお店だという印象を与えます。

次にテーブルや床の磨き掃除です。

ラーメン屋は油を使った商品が多く汁も飛びやすいので必ず開店前にはしっかりと拭きます。

テーブルに置いてある調味料やメニューなどもベタベタしたままにならないように一つずつ拭いていきます。

店内が終わればトイレ掃除です。

女性のお客様もみえるので汚いトイレはNGです。

しっかりと床から便器まで掃除する事も大事な仕事です。

3.営業中の仕事

これはホール業務かキッチン業務のどちらに従事しているかで内容が変わります。

まずホール業務であればお客様が入店されればそれぞれのお店で決まっている掛け声をかけ店内へと案内します。

その時にはハキハキと笑顔で受け答えする事が重要な仕事です。

あとは頃合いを見計らい注文内容をお聞きししっかりとメモをし厨房に伝えます。

ここを間違えるとラーメンを作り直したりと手間もかかりお客様もお待たせしてしまうのでしっかりと業務をこなしましょう。

お客様がお帰りになられた後は素早くテーブル上を片付け次のお客様をむかえられるようテーブルをセッティングします。

次にキッチン業務ですがこちらはひたすら注文品をいかに素早く作るかという所が大事な業務となってきます。

そのためには日ごろから上司の仕事を頭に入れ無駄な動きがないよう日々こなしていくことが大事です。

お客様にとってはアルバイトが作ったラーメンも社員が作ったラーメンも変わりなく食べる事となるので手を抜かずに頑張りましょう。

4.閉店作業

閉店時間となったらすみやかに入口を締め閉店作業へととりかかります。

置きゃ様が使われた全てのテーブルやカウンターをキレイに拭き上げ減った箸を補充し調味料なども補充します。

タオルなども大量に使うでしょうからその洗濯や、次の日の仕込の用意などもあります。

最初は任せられないかもしれませんが徐々にレジ締めの作業も業務としてやる事になる場合があります。

その日の売り上げがいくらだったのか、何人のお客様が見えたのかを把握する大事な仕事の一つです。

最後に1日使って汚れたキッチンやキッチン用品の清掃をしてラーメン屋のアルバイト業務は終わります。

いかがでしたでしょうか?

一口にラーメン屋のアルバイト業務内容といっても様々なお店があるので細かくは違いがありますが大まかにはこのような内容です。

忙しい分その分充実感もあり時間の流れもきっと早いでしょう。

是非、美味しいラーメンでお客様を笑顔にする素敵なラーメン屋のバイトを目指してみてはいかがでしょうか。

関連情報(外部サイト)