初めて接客バイトをする時に抑えておきたい6つのポイント

初めて接客バイトをする時に抑えておきたい6つのポイント

初めて接客のアルバイトをする際にはいくつか押さえておきたいポイントがあります。

これを心掛けて自分のものにすることは、アルバイト以外でも相手に嫌な思いをさせることなく振る舞えるという一つのスキルを身につけるということになり得ます。

そこで今回は接客系バイトをする際にこころがけておきたいポイントをご紹介します。

1.心地よい笑顔を心掛ける

接客において、必要不可欠なのが笑顔です。

笑顔は相手に好印象を持ってもらう武器です。

はじめに悪い印象を与えてしまったらその他の接客を完璧にこなそうが印象が良くなることはそうそうありません。

まずは笑顔でお客様に好印象を与えましょう。

笑顔といっても、明らかな作り笑いのような笑顔や、歯が見えてしまうほど笑いすぎるのもわざとらしくて逆に気持ち悪いです。

家族や友人にチェックしてもらうのも一つの手段です。

ほどよく口角をあげ、微笑む程度が心地よい笑顔の秘訣です。

2.敬語を使いこなす

お客様あっての接客業ですので、敬語、丁寧語、謙譲語はある程度使えるようにしたほうが良いでしょう。

特に普段からよく使う接客用語は覚えておく必要があるでしょう。

接客七大用語というものがあるのですが、これは最低限頭に入れておきましょう。

・いらっしゃいませ
・お待たせ致しました
・かしこまりました
・少々お待ちください
・申し訳ございません
・恐れ入ります
・ありがとうございます
この7つです。

接客においてはよく間違った敬語を耳にします。

例えば、〜〜になります、や〜〜でよろしかったですか、など。

正しい敬語を身に付けることは相手を不快にさせないための接客業の必要スキルですよ。

3.聞き上手になる

コンビニのレジなどはお客様と会話をすることは少ないと思いますが、飲食店などでしたらその機会は多いです。

お客様と会話する上で気を付けたいのは、お客様の話にきちんと耳を傾け、程よく相槌を打って、お客様に気持ちよく話をして頂くこと。

もちろん業務をしながらで忙しいときもあると思いますが、それでも適当に話を聞かれたら気持ちいいはずがありませんよね。

聞くだけではなく、自分の意見も伝えることで会話は弾みます。

そのときに気を付けたいのは、お客様を否定しないこと。

反論があるときもあると思いますが、まずは肯定です。

肯定した上で、自分の意見はこうであると伝えましょう。

お客様はスタッフに同意してもらいたくて自分の話をしていることがほとんどですから。

気持ちよく会話が出来れば、そのお客様がまた来店してくれる確率はぐっと高まりますよ。

また、こちらから話しかけるときは、極力スポーツや宗教、政治の話題は避けたほうがいいです。

お客様が自分の支持しているものと違った場合は気持ちいいものではありませんからね。

4.身だしなみに気を遣う

接客業は、相手を気持ちよくさせることが大事です。

身だしなみに清潔感がなかったらその時点で相手の気分は害されます。

髪型、服装、無精髭、爪など、気を遣うべきポイントはいくつもあります。

なかなか自分では気付きづらいのが臭いです。

理想は仕事前に入浴を済ませ、清潔な体で仕事に取り掛かることです。

また、接客業において香水は御法度です。

特に飲食店ならばなおさらです。

自分がお客さんのときに香水をつけたスタッフがいたら嫌ですよね。

身だしなみのチェックは仕事に取り掛かる前に一通り済ませておくことが大切です。

5.クレーム対応については事前にシミュレーション

接客する上で、お客様からクレームが入ることも無いとは言い切れません。

このとき間違った対応をしてしまうと事態をさらに悪化させることにもなりかねません。

もしもクレームがあったときはどうすればよいかを予めシミュレーションしておくことも必要です。

まずは申し訳ございません、と謝ることが大切です。

このとき、言い訳をするなんてもってのほかですよね。

まずは謝り、上の立場の人に相談するのが得策です。

6.お客様の立場に立ってものごとを考える

自分がされて気持ちがいい接客、それこそが目指すべき接客です。

逆に言うと、自分がされて不快なことをしなければいいのです。

常に自分がお客様だったら、という想像をしながら仕事をするとうまくいきますよ。

これが接客の核心です。

こう考えながら仕事をすることで、一から十までマニュアル通りにこなす接客よりもいい仕事ができますよ。

もちろんマニュアルはマニュアルで大切なことですが、ものごとに柔軟に対応することができます。

接客においては自分勝手にものごとを考えていてはいいスタッフにはなれません。

常にお客様目線で働くように心がけましょう。

接客バイトはポイントを抑えて楽しくやろう

これから接客業を始める方は知っておいて損はない6つのポイントをご紹介しました。

かといって、初めから全てを完璧にこなすのはなかなか難しいと思います。

働きながらこれらを徐々に身に付けていきましょう。

仕事に慣れたところで、これらを一度思い出して頂いて、今の自分は出来ているかチェックしてみると良いでしょう。