接客バイトの面接に使える志望動機3選

接客バイトの面接に使える志望動機3選

飲食店での接客のアルバイトというのは、数あるアルバイトの中でも、多くの人が選ぶもので、多くの人がここでアルバイトをすることがアルバイトの基本だと思っているのではないでしょうか。

その飲食店の接客バイトですが、これだけ多くの方がアルバイトとして働いていますが、簡単な仕事ではありませんし、ある程度お店側も、どんなアルバイトを雇いたいという希望はもっています。

そんな飲食店の接客バイトにうかるための志望動機についてご紹介します。

面接に臨む男性

1.そのお店のことについて学びたいという意思をアピール

「このお店で働きたい!」という気持ちが伝わらなければ、お店側もあなたを雇うメリットはありませんよね。

ですから、例えば、牛丼チェーン店で働こうとしているのであれば、「これだけ牛丼を早く提供できる裏事情も知りたいですし、24時間お店がオープンしていたら、一体それぞれの時間帯の客層はどんな感じで、どのように対応すればよいのかということを学んでみたいです」というように、お店の何かについて学びたいということを伝えましょう。

2.明るい性格で、人に色々提供する事が大好きとアピール

接客業というのは、知らないお客さんに対して、彼らが求めるサービスを提供する事であり、他にも配膳をしたり、レジをしたりと、最初から最後まで、お客さんにかかりっきりの仕事です。

そして、この接客は、皆さんもお店に行った際に思うはずですが、ものすごくむすっとした顔で色々提供されても、ちっとも嬉しくないですし、「この店員、何なんだろう。感じが悪いな」と思いませんか。

やはり、基本は明るく元気に、そして笑顔で対応してくれる人をお店側だけでなく、お客さんも望んでいますから、自分の性格が接客向きであるということをどんどんアピールしていきましょう。

それをアピールする際にも、笑顔を絶やさないように言うと、尚、効果的でしょう。

3.ここの店員さんをずっと見て来て、私も働きたいと思っていましたとアピール

今までそのお店に何度も行ったことがあり、そこで働きたいと思うならば、そのお店の良いポイントを挙げて、自分もそうなりたいので働きたいと伝えると良いでしょう。

「何度かこちらに客として利用させてもらったのですが、何度来ても、店員さんの対応が良くて、私もそういった場所で働いてみたいと思っています」というように伝えると、お店側ももちろん嫌な気持ちにはなりませんよね。

お店を持ちあげて、その店で働かせてもらえるようにするのは、とても効果的です。

志望動機を練り上げて、バイトをしよう

アルバイトはどこでやってもいい、接客バイトなら何でもいいと思っている方もいますよね。
でも、できるだけ面接に行くのは少ない回数で済ませたいのが本音だと思います。

それにはやはり、以上のようなテクニックを使って接客バイトをしたいというアピールをする事が大切です。
これによって憧れの接客バイトを希望のお店で働くことができるはずです。

関連情報(外部サイト)