接客バイトでお客さんに怒鳴られた時の対処法。落ち込む気持ちを回復させよう

接客バイトでお客さんに怒鳴られた時の対処法。落ち込む気持ちを回復させよう

接客業というのはハキハキした声と、丁寧な対応が大事です。
ですから接客業未経験の人が初めて接客業を行う時というのは緊張しますし、一生懸命やっていてもお客さんに迷惑をかけてしまうことがあるでしょう。

ですが、接客業も慣れてきて経験を積めばクレームもうまく対応できるようになります。

そうなるためには、多少うまくいかなくて失敗してもうまく乗り越えていく方法、仕事のモチベーションを上げていく方法などを身に付けていくことが大切です。

怒る男性

1.トイレに行って気持ちを切り替える

お客さんに叱られた時、怒鳴られた時というのはそれが正当な理由であっても、怒鳴られた本人としてはとてもショックで落ち込んでしまいます。
そして気持ちも動揺してしまうので、その後すぐに元通りに仕事をするというのは難しいでしょう。

ですから、いったん気持ちを落ち着かせるという意味でもトイレに行くといいでしょう。
大きなお店であればバックヤードなどもありますし、少し一人になれる場所というのも確保できますが、小さな店舗であればなかなか一人になれるような場所はありませんし、休憩していると思われても困るので、トイレが最適です。

トイレの個室に入ってしまえば少し涙が出ていてもすぐに回復させることができますし、動揺した気持ちを落ち着かせて、また仕事に戻るのにもいいです。
トイレであれば数分一人でいても不自然に思われません。

2.しばらく接客以外の仕事を探す

怒鳴られた後は、自分では平常心で仕事をしていると思っていても周囲が気をつかったり落ち込んでいるのが自分の顔に出てしまっているようなことがあります。

また、理不尽な理由で怒鳴られた場合は、お客さん自身には謝ることができても、自分の顔がこわばったままでいることもあるでしょう。

ですから、怒鳴られた時はしばらく接客とは別の作業をすることもいいでしょう。
レジであればしばらく商品陳列の作業をしてみたり、飲食店の配膳などの仕事であれば、片づけだけをやるようにしてもいいでしょう。

こわばった顔で作業を続けることで、また別のお客さんからも注意されてしまうようなことがあるので要注意です。
忙しくて人手が足りない時以外は、しばらくは接客から離れるのもいいでしょう。

3.黙々と作業を続ける

何故怒鳴られたのか、ということは反省して次に活かすということも必要ですが、あれこれと考えてしまうことで悲しくなったり、仕事にも余計身が入らなくて失敗してしまうこともあるので、あまり考えすぎないということも大事です。

忙しくて時間に追われているような時は余計な事など考える暇もなく就業時間が過ぎていってしまうようなことも多いので、とにかく仕事に集中して、何も考えず黙々と接客をしたり、仕事をこなすことで、怒られてナイーブになっている気持ちから自然に脱出できることもあります。

時間が解決してくれることも多いので、あまり深く悩みすぎず、運が悪かったとポジティブに考えることも必要です。

4.楽しいことを考える

怒鳴られてしまった後の仕事というのは、とにかく憂鬱です。

新人であってもベテラン社員であっても怒られれば気にしますし、落ち込むものです。
ですから怒鳴られたような時は早く今日の仕事を終えてしまいたいと思うものでしょう。

そこで、そんな時は仕事を終えた後の楽しみを頭に思い浮かべるのもいいです。

この仕事が終わればこんな楽しみがある、と考えただけで気分は明るくなりますし、不愉快な気分も多少軽くなるでしょう。

人に言われたこと、怒られたことはずっと引きずる人もいますが、サラリと流せる人もいます。

同じことで何回も怒られているような場合は別ですが、怒鳴られたのが今回限りで終わる話であったり、今まではそんなことはなかった、というたまたまそうなってしまったような場合であれば、サラリと流してしまうことも大事でしょう。

仕事が終わったらこんな楽しみがある、という小さな楽しみを頭に浮かべて仕事を乗り切るといいです。
美味しいものを食べに行こうとか、こんな買い物をしようとかいう楽しみでも落ち込んだ気分は回復できます。

自分なりの対処法を身につけておこう

接客業の辛いところは、いろんな人の対応をしなければいけないということです。

性別や年齢それぞれで考え方が違いますから、自分では親切に対応しても、お客さんからはそう思ってもらえないようなこともあるでしょう。

ですから、怒鳴られた時も納得できる理由や、あきらかに自分に落ち度があるような時は深く反省しなければいけませんが、理不尽だと思うような時は、楽しいことを考えたり、うまく流すこと、こだわりすぎないことで気持ちを回復させるということも大事です。

落ち込みすぎることでうまくいっている仕事に支障がでたり、自信喪失にもつながるので、接客業の仕事をうまく続けていくには自分なりの対処法をいくつか考えておくのもいいでしょう