仕事が遅いバイトのイライラする特徴6個

仕事が遅いバイトのイライラする特徴6個

どの職業でも必ず仕事の遅い人がいます。

一緒に仕事する人は、イライラしストレスが溜まります。

仕事の遅い人には、必ずいくつかの共通点があります。

今回はそんな仕事が遅いバイトの特徴についてご紹介します。

1.基本的にマイペースすぎる性格

使い方によっては良くも思えるマイペースですが、仕事ではかなりの確率で迷惑な性格です。

自分のペースを守ってる上に、1人だけペースを乱している事に一切気付いていません。

そのせいで、何か仕事を頼まれても時間内に終わらせられず、

周りの人に手伝ってもらったりしてしまい、周りに迷惑をかけてしまいます。

反省はしますが、遅いという事には気付いていない為、結局何も変わりません。

2.コミュニケーション不足

仕事が遅いと言われる人は、上司や先輩、同僚などとコミュニケーションを取るのが苦手です。

決して話すのが苦手なわけではないのですが、大事な事、分からないことなどを聞くことが出来ません。

自分でなんとかしようと頑張るのですが、結局分からず悩んでしまい、効率が悪くなります。

それでも、自分から聞くことが出来ず、逆に仕事を遅くする傾向があります。

3.仕事に対してのモチベーションが低い

やる気がないわけではないのですが、仕事に対しての姿勢が他の人に比べて、低く見られます。

そうなるまでには理由があり、最初はやる気を出して頑張るのですが、

やはりコミュニケーションが苦手ですから、自分から仕事を貰えるよう積極的に行動したりしません。

むしろ、指示待ちしている為、上司からしたらやる気がないととられてしまい、仕事を回して貰えません。

その間に、周りがどんどん仕事をこなしていくのを見て、モチベーションが下がり、ますますやる気をなくしてしまいます。

4.作業の効率が分かっていない

何をするべきか、何から片付けようか、仕事の順番が分かってない人が多いです。

そもそも、上司に与えられた仕事をスムーズにこなす事が出来れば、そんな事で悩まないものです。

しかし仕事が遅い人は、簡単な仕事程後回しにしてしまう為、その結果どんどん仕事が溜まってしまいます。

最初の仕事が片付いていない内に、どんどん仕事を頼まれ、

期限も決められる為、結局何から片付ければ良いのか分からなくなってしまいます。

1つずつ終わらせようとせず、いくつか手につけますが、どれも中途半端になり、

効率も悪く仕事も終わらず、周りの人に迷惑をかけてしまいます。

5.他人と比較し、自分を正当化する

自分の仕事も終わらせていないのに、他人の事には目がいきます。

真面目な人が多いので、他人に対してとても厳しいです。

ダメなとこばかりを見つけては、注意してきます。

そして、自分が仕事を遅いことに対して、自分はあの人より丁寧にやっているから遅いんだと自分の仕事を正当化する事もあります。

その為、自分の悪い所にはなかなか気付くことが出来ず、作業の遅さは変わることがありません。

6.プライドが高い

とにかく人の意見を素直に受け入れられません。

上司や先輩が仕事を早くできる様に教えてあげても、どこか不満気です。

自分から分からないことが聞けませんが、人から何か言われてもすぐ返事する事もせず、反論をする場合があります。

やっと納得し仕事を始めても、指示されたことと違う事をしていたり、注意された事もまともに出来てなかったりします。

とにかく、素直ではない人が多いです。

ここまで挙げたのが、仕事の遅い人にはよくある特徴です。

だからと言って、遅い人全員が当てはまるとは限りませんが、理由が分かれば、一緒に働く人のイライラは少しは減ります。

そして、遅いと言われる本人も対処も出来ます。

イライラするバイトの特徴を知ろう

大事なのは、コミュニケーションを多く取ることです。

それにより人の意見に触れ、仕事を見て、周りの人の仕事への姿勢や、効率を理解することです。

そして、話しやすく聞きやすい先輩や同僚と過ごす事で、仕事へのモチベーションも上がり、自然とやる気も出てきます。

そうすることで、自然と仕事のスピードやスキルが身につきますので、きっと今よりもっと楽しく素敵な職場になります。