仕事に自信がないバイトの情けない特徴5個

仕事に自信がないバイトの情けない特徴5個

仕事に自信が持てないバイトは、いつまでたっても戦力になりません。

自信を持ててこそ、仕事で成長することができ、一人前になれるのです。

では、仕事に自信がないバイトにはどんな特徴があるのかご紹介します。

1.挨拶の声が小さい

バイトが出勤した瞬間に、仕事に自信を持っているかどうかわかります。

仕事に自信を持っているバイトは、元気はつらつ、

弾むような声で、「おはようございまう」と元気に挨拶するものです。

それに対し、仕事に自信のないバイトは、気持ちが萎縮し、

憂鬱な気分で出勤してくるために、元気に挨拶することができません。

どうしても声が小さくなり、トーンも下がってしまいます。

つまり、「おはようございます」の挨拶の声のボリュームとトーンによって、

そのバイトが仕事に自信を持てているかどうかわかると言っていいでしょう。

2.表情が暗くおどおどしている

仕事中の表情や態度も同様です。

仕事に自信がないバイトは、必要以上に仕事上の失敗をおそれるものです。

自分が仕事を理解できていなかったり、仕事の能力が劣っていることを自覚しているために、

「ミスをするのではないか」という意識が常にあります。

つまり、マイナス思考で仕事に当たっているのですから、意欲的な表情や活気のある態度にはなりません。

常に表情が暗く曇っていて、どことなくおどおどしているのが、仕事に自信のないバイトの特徴と言うことができるでしょう。

3.上司や先輩との接触を避けようとする

上司や先輩に対する接し方によっても、仕事に自信があるかどうか判断できます。

仕事に自信がないバイトは、ミスを怖れると同時に、上司や先輩から叱られることをひどく警戒するものです。

そのため、上司や先輩の顔を見ると、「できるだけ声をかけられないようにしよう」と意識が働いてしまいます。

その結果、上司が近づいてくると、トイレに行くなどして席をはずしたり、

先輩と目が合うと慌てて逸らし、関係を持たないようにします。

その体からは「自分に近づかないでください」という負のオーラが出ていると考えていいでしょう。

4.上司や先輩のごきげん取りをする

それとはまったく正反対の接し方をするケースも少なくありません。

それは、上司や先輩に自分の方からコミュニケーションを取ろうとするケースです。

ただし、話の内容は、仕事とは直接関係ないものが多くなります。

仕事については自信がないために、それを話題にしようとはしません。

仕事以外のことを話題にし、上司や先輩にお世辞を言うなどして、ごきげんを取ろうとします。

これは、「仕事に自信はないが、人とコミュニケーションを取るのは得意なタイプのバイト」と言っていいでしょう。

要するに、ごきげん取りをすることで気に入られようとするわけです。

本来は仕事によって評価されるように努力すべきところを、このタイプのバイトは、

それ以外のことで上司や先輩と良好な関係を作ろうとします。

5.仕事に関する「わからないこと」を人に聞けない

仕事に自信がないバイトには、何かわからないことがあっても、

それを人に聞けないという困った特徴もあります。

わからないことをそのままにしていれば、仕事を正確に覚え、自分のものにすることは不可能です。

つまり、仕事で成長するためには、わからないことそのままにせず、

人に聞いてわかるようにする必要があります。

ところが、仕事に自信のないバイトは、往々にしてわからないことをそのままにしてしまいます。

そこには「こんな初歩的なことを聞いたら、怒られるのではないか」と言った、

後ろ向きで臆病な心理が働いていると考えていいでしょう。

先ほど紹介した「上司や先輩を避ける心理」と通じるところがあります。

いかがでしたか。

今回は仕事に自信のないバイトについて、5つの特徴を紹介してきました。

いずれも、普段の勤務態度や仕事ぶり、あるいは表情をチェックすることで、簡単にわかる特徴と言っていいでしょう。

参考になさってください。

関連情報(外部サイト)