新聞配達バイトの仕事内容と注意点。接客が無いという大きなメリットも!

新聞配達バイトの仕事内容と注意点。接客が無いという大きなメリットも!

学校に通いながら効率よくアルバイトをしたいと考える方も多いでしょう。

特に、大学生は比較的時間の融通がつけやすいので、朝夕のまとまった時間をアルバイトに充てることが可能です。

朝または夕方の数時間を使って稼げる仕事の中に新聞配達バイトがあります。

求人募集がかかるのは朝刊配達のアルバイトであることが多いですが、早朝の数時間で終了する仕事というのは学生にとっては魅力的です。

しかも、実働時間が少ないわりに給料が高めという噂があります。

今回は、新聞配達バイトの仕事内容と注意点についてご紹介いたしましょう。

1.新聞配達バイトの仕事の流れ

新聞配達というと、原付バイクに乗って新聞を定期購読者の家に配っているイメージがあります。

しかし、実際の新聞配達アルバイトの仕事はただ新聞を郵便受けに配達するだけではありません。

朝刊配達の作業の流れを簡単にご説明しましょう。

まず、作業員は所定の時間に販売店舗に集合し、印刷会社から新聞が到着するのを待ちます。

新聞が届いたら、各自が担当地区の配達部数を作業台に移し、チラシ入れを開始します。

チラシ入れは作業員が丁寧に手作業で新聞に挟んでいきますので時間がかかるように思われますが、慣れてしまうと意外と早く終わります。

チラシ入れが終了したら部数を数え、自分の配達用バイクに積み込み、スポーツ紙購読者の分も分けて積み込んで配達に出発します。

無事に全て配り終えたら終了報告をして仕事終了となります。

2.新聞配達バイトのメリット

新聞配達は原付バイクの免許さえあれば、年齢にかかわらず仕事ができるというメリットがあります。

作業そのものは単純で誰でもできますし、バイクに新聞を積んで配達するので肉体的には楽です。

配達に出てしまえば完全に個人作業なので人間関係に気を使う必要もありません。

一度仕事の内容を把握してしまえばそれの繰り返しなので新たに何か覚えなければいけないような事もありません。

アルバイターの場合、販売店舗で電話当番をしたり営業に出たりするようなことは滅多にありませんので、

新聞配達だけに集中することができます。

3.新聞配達バイトの注意点➀簡単に休みが取れない

新聞配達バイトの最大のデメリットは、一般のアルバイトと違ってほぼ毎日仕事をこなさなければいけないことです。

確かに実働時間は少ないのですが、基本的に休みは1週間に1日しかとれません。

店舗によって多少の融通はつけてくれる可能性はありますが、

アルバイトの面接の段階で休みが少なくても長期にわたって働けるかどうか確認されます。

しかも、人手が足りず代理配達の人員が確保できないという理由から、生半可な理由では休みは取れません。

少々の発熱や体調不良で休みは取れないと思って間違いありません。

体力に自信のない方や、毎日深夜に起きて仕事ができる自身のない方には不向きの仕事でしょう。

大学生アルバイトの場合は、休みを取りたい日をかなり早くから申し入れておけば受理してもらえる可能性がありますが、

急な休日申請は却下されてしまうので注意が必要です。

4.新聞配達バイトの注意点②給料形態は販売店舗によって異なる

新聞配達バイトは給料が高めという噂がありますが、これは概ね正しいと言えます。

朝刊配達バイトの場合は実働時間が深夜から早朝にかけて3~4時間ですが、時給換算すると1,300円前後になります。

給料形態は一律ではなく、時給制や配達部数による歩合制の店舗がありますが、

一番多く採用されているのは1カ月の固定給料制です(1カ月の実働日数約25日です)。

時給だけ見ると他の深夜バイトより若干高めですが、配達部数の多い区域の担当になると稼働時間が延びるので損をした気分になることもあります。

5.新聞配達バイトの注意点③いかなる天候下でも最後の1部まで配達する

新聞配達バイトをやる際の注意点として、誤配や遅配をしないよう気をつけるといったものがあります。

購読契約している新聞と異なる新聞を配達してしまったり、寝坊して配達時間が遅れたりしてはいけないことは当たり前です。

しかし、配達員にとって最も厳しい注意点は、いかなる悪天候下であっても最後の1部まで配達せねばならないということです。

台風や落雷、大雪で交通網がマヒしているような状況でも新聞は必ず届けるよう販売店から指示されます。

配達員は天候を見計らい、配達に時間がかかりそうな場合は通常より早く作業に入りますので、時間外労働時間が多くなることもあります。

ちなみに、固定制の給料をもらっている場合、残業代は出ないのが普通です。

天候や新聞社の都合で新聞発行が遅れた場合(号外記事の作成などの理由で)は各販売店に新聞が到着すること自体が遅れます。

その場合は新聞配達に出発するのも遅れるので、遅配は配達員の責任ではありません。

6.新聞配達バイトの注意点④交通事故が多い

新聞配達作業はまだ夜が明けない暗い時間から開始されます。

早朝3時くらいに原付バイクで配達をしていて交通事故に遭う配達員は多いです。

夜間の長距離トラック運転手が集中力を切らしている時間帯なので、原付バイクに気が付かず接触事故を起こすケースが多くなります。

また、積雪や路面の凍結でスリップ事故を起こす配達員もいます。

天候や路面状態が悪い時は特に気を付けて配達作業をしなくてならず、時間もかかってしまうことを忘れないでください。

いかがでしたか・。

新聞配達バイトは一度仕事の流れを覚えてしまえば数時間で終了するアルバイトなので、

単純作業に抵抗がなく1人で気楽に仕事をしたい方には向いています。

給料も他のアルバイトと比べて悪くありませんが、休みが取りにくいのが特徴です。

盆や正月でも仕事がありますので、遠い実家に帰省する必要がない方なら続けやすい仕事です。

実家に住んでいる方なら家族のサポートも受けられるので働きやすい職種かもしれません。

注意点も多いですが、1カ月の給料は良い方なので何か目的があって貯金したい方にはオススメです。

勤務条件はある程度調整してもらえることもあるので、アルバイトに応募するか迷ったら事前に電話で問い合わせると良いでしょう。

関連情報(外部サイト)