書店バイトの仕事内容。想像よりも体力的にキツい!

書店バイトの仕事内容。想像よりも体力的にキツい!

皆さんは書店のバイトの仕事がどのようなものなのかをご存知でしょうか。

書店では本を中心に販売していますから、レジ打ちや本棚の整理整頓を想像される方も多いでしょう。

しかし、実際にはバイトで書店の店員として働くと、これ以外にも様々な仕事があります。

今回は書店のバイトの仕事内容についてご紹介します。

1.レジでの販売

これは、書店で働く以上、必ず行わなければいけない仕事です。

レジカウンターで対面で販売することは欠かせません。

また、レジの打ち方を覚える時には、いくつも覚えなければいけないことがあります。

書店では図書券や図書カードが使えますから、これらの金券を使用してお客様が購入される場合のレジの打ち方や

金券と現金の併用でのお支払いの場合のレジの打ち方も覚える必要があります。

そして、ショッピングモール内などにある書店ではショッピングモール独自の商品券が存在する場合もありますので、

そうした時には商品券の扱い方も覚えます。

2.ラッピング業務

書店を利用するのは、自分用の本を購入されるお客様だけではありません。

プレゼントとして本を購入されるお客様もいらっしゃいます。

そのため、キャラメル包みなど包装の仕方を数種類覚えなければなりません。

ラッピング業務は卒業・卒園シーズン、入学・入園シーズン、クリスマスに多くなり、時にはラッピングを希望されるお客様が続くこともあるので、

ラッピング業務が多くなる前にラッピング業務になれておいた方がいいでしょう。

3.お客様のご案内業務

小さな書店や慣れ親しんだ書店だと、自分が探している本がどの棚に並んでいるか見当をつけることもできます。

しかし、面積の広い書店や慣れていない書店では、自分が欲しいと思っている本の置いてある場所を見つけるのも難しいものです。

そうした時、お客様はほんの陳列場所を店員に尋ねます。

そのため、店員は書店の中の本棚の配置を覚えておく必要があります。

また、本棚にない場合は、まず自分が働いている書店に入荷されているのかを書店用のシステムを使って調べなければいけないので、

パソコンやシステムの使い方を覚えておくことも大切です。

4.店内清掃・装飾業務

店内の清掃や本棚の整理整頓も書店の店員の大切な仕事です。

本棚の整理整頓には、いくつかの意味があります。

まず、本棚の見た目をキレイにするためです。

次に、万引き防止です。

本棚の整理整頓をしていると店員の存在が万引き犯にとって邪魔になるので万引き防止に繋がります。

また、本棚に隙間がないように補充をしておくことで万引き防止に繋がります。

そして、自分自身が本のタイトルや置いてある場所を覚えるために役立ちます。

特に売れ筋のものは頻繁に補充しなければならないので覚えましょう。

また、店員は本棚や店内に飾るためのポップなどを作ることもあります。

幼児向けの本のコーナーなどでは折り紙で子どもが喜びそうな雰囲気に装飾することもあります。

5.返品業務

雑誌は月ごとや週ごとに新しいものが発売されます。

そのため、古くなった雑誌や書店に置いていても全く売れない書籍などは返品をします。

雑誌を返品をする時には、まず不要な付録を外し、段ボールにぴったりと入るように詰めていきます。

そして、ガムテープで封をしたものに伝票を貼り付け、書店ごとにある返品置き場に段ボールを運びます。

書店の店員の仕事は楽そうに思われがちですが、返品業務は力仕事なので、重いものを運ぶということを知っておきましょう。

いかがでしたでしょうか。

書店の店員の仕事は楽な仕事に思われがちですが、本が詰まった重い物を運ぶような力仕事もあれば、

丁寧にラッピングをするような繊細な仕事もありますし、書店では万引きも多いので万引き防止に目を光らせることも仕事の内です。

また、独特なレジの打ち方、本の検索システムの使い方、本棚の配置など覚えることも多いのです。

ただ、本が大好きな人にとってはたまらなく楽しい仕事であることは間違いないでしょう。

是非、興味があれば書店バイトにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

関連情報(外部サイト)