将来の就職に役立つ経験を得ることが出来る3つのバイト

将来の就職に役立つ経験を得ることが出来る3つのバイト

将来、就職に役立つバイトってどんなバイトでしょうか。

まだ自分がどんなところに就職したいのかも分からないし、バイトの種類も様々で一体どのようなバイトをすれば

将来に役立つのか分からない人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は将来就職する時に役立つバイトをご紹介します。

1.接客が厳しいバイト

バイトでも正社員並みの接客レベルを求める会社というのは多く存在します。

例えば、マクドナルドや成城石井などバイトの店員でも正社員と変わりないくらい丁寧で笑顔などを徹底している会社のバイトに受かれば、

教育担当からみっちりと仕込まれます。

例えばお客様との正しい言葉遣いを一から教育してもらうことができますし、

お辞儀の角度や笑顔の作り方、上司とのかかわり方まで教えてくれることも…。

こういった厳しいバイト先では先輩後輩の関係も学ぶことができますし、社会人としてしっかりとしていないと上司から怒られます。

怒られるという行為に慣れていないと社会に出た時に上司に怒られてへこんでしまい、しっかりと仕事をすることができない人もいるそうで、

バイトでも社会人として扱ってくれる厳しいバイト先でバイトをすると社会に出る前のいい経験になります。

2.事務系のバイト

将来は事務系の仕事をしたいと考えている方にオススメなのは「事務系のバイト」です。

最近では、伝票整理のためのバイトや単純作業で文字を打ち込むためのバイトなど事務の仕事に携わるバイトも存在するようです。

バイトというと接客のイメージがありますが、事務系のバイトだとパソコンに向かって作業をすることになるので接客が苦手な人にもオススメ。

さらに、パソコンを使うのでタイピングのスキルが上がったりワードやエクセルなどを使う場合はそれらのスキルも手に入れることができます。

就職活動の時に大きな武器になるのは「パソコンが使えるかどうか」です。

最近では多くの会社がワードやエクセルなどを使えること前提に仕事を振りますし、

パソコンのスキルがあればあるほど仕事の効率が上がるので持っていて損はないのです。

将来は事務系に努めたいと思っている方はぜひ事務系のアルバイトを探してみてはいかがでしょうか。

3.コールセンターのバイト

コールセンターでのバイトはかなり厳しいものです。

膨大なマニュアルを覚えなければならず、さらには電話をしながらパソコン操作をしたり、お客様の厄介な方ばかり…。

時給はいいですし人と顔を見合わせなくていいので慣れてしまえば楽ですが、「楽しいバイト」ではありません。

ですが、コールセンターでは様々な人の姿を知ることができます。

電話口だと気が大きくなってありえないクレームを言ってくる人や暇つぶしに相談してくる人など厄介ではありますが多くの人を観察することができます。

さらに、コールセンターで働くことでクレーム対処が上手くなり、お客様を怒らせずにいかに自分の話を聞かせるか…など

将来どんな場面でも役立つ話術を身に着けることができるでしょう。

バイトできる時間をあえて「楽しくない」ものにすることでいざ社会に出た時の困難のためにとって置くのは大変ためになると言ってもいいでしょう。

最近の若者にないとされる怒らせたときのスルースキルを身に着けることができる数少ないバイトなのかもしれません。

いかがでしたか。

今回は、将来自分がどのような就職先を目指そうと、社会人としての基礎をみっちり鍛えられるバイト先をご紹介しました。

楽で楽しいバイトでは無く、辛くて厳しくても将来の自分の役に立つバイトを選んでみてはいかがですか。

関連情報(外部サイト)