web応募でのバイト申し込み。応募フォームは履歴書と同様に大事!

web応募でのバイト申し込み。応募フォームは履歴書と同様に大事!

最近は電話で面接を申し込まなくてもWeb上でアルバイトに応募できる求人案件が増えてきました。

Web応募は電話と違って24時間いつでも応募が可能というメリットがある反面、

送信された応募フォームが応募者の第一印象を決定してしまうというデメリットがあります。

したがって、応募フォームだからといって手を抜くわけにはいきません。

Web応募でアルバイトを申し込む際に注意すべきポイントについてご紹介いたしましょう。

1.いいな。と思ったバイトには即応募する

Web上でアルバイト求人案件を探していると、ごく稀に自分の希望条件にピッタリの案件が見つかる時があります。

勤務場所、勤務時間、時給などが全て希望以上で、面接日時も問題がなければその場ですぐ応募しましょう。

もっと条件の良い案件があるかも、と迷ったり他の案件と比べたりしているとタッチの差で応募が締め切られてしまう可能性があります。

大抵の求人案件には応募人数の制限が設けられているため、制限に達した時点で応募は締め切られてしまいます。

自分がいいなと思う案件は、他の人もいいなと感じるものです。

ですから、希望に沿う案件を発見したら即応募するようにしてください。

仮に、1社応募した後でもっと条件の良い案件を発見したとします。

その場合はこちらも応募し、後でよく考えて本命を決めれば良いでしょう。

2.面接日が重ならないよう注意する

Web応募は簡単なので何社も同時に応募することができます。

しかし、それぞれの求人情報をよく読まずに応募すると、面接日が重なるという事態が起きることがあります。

場合によっては本命のアルバイトの面接を辞退しなくてはならなくなることもあります。

Web応募とはいえ、一度応募した案件を辞退すると非常に印象が悪くなるため、今後その企業には応募できなくなることもありますし、

応募しても不採用の可能性が高くなります。

ですから、応募する前に必ず求人情報をしっかり読んで面接日など大切な部分は手帳やスマホのメモ機能に情報を保存しておくと良いでしょう。

何社も同時に応募する時に役立ちます。

面接日が重なるような致命的なミスを犯さないようにしてください。

3.応募フォームは履歴書と同じ。空欄は残さず全て埋めると好印象

アルバイトのWeb応募フォームは紙の履歴書と違って「任意」で記入する欄が何項目かあったりします。

ただの応募フォームだからといって必須事項だけ記入して空欄だらけで求人先に送信してはいませんか?

空欄の目立つ応募フォームは非常に悪い印象をあたえます。

実際のところ、応募フォームは履歴書と同じ扱いだと思って間違いありません。

一次書類選考だと思って記入してください。

基本的な記入マナーとしては、とにかく空欄を残さず全て記入することです。

任意欄であっても、「自己PR」などは必ず記入して採用されたい。

という熱意を伝えることが大事です。

採用担当者は応募フォームを読むだけである程度応募者をふるいにかけています。

きちんと応募フォームを記入しているだけでイメージアップにつながりますので、面倒だと思わず全部記入するようにしましょう。

4.送信前に必ず応募フォームの内容をチェックする

Web応募フォームは一度送信してしまったら取り返しがつきません。

ですから送信前に必ず記入内容を確認することが大切です。

フォームの上から下まで口に出して読んでみると、誤字脱字や表現のおかしい箇所に気が付きやすいです。

送信する前に二回は確認してください。

側に家族や友人がいたらチェックしてもらうのも有効です。

自分では気が付かないミスも他人なら気が付く可能性があります。

本命のアルバイトに応募する際は特に念入りにチェックしましょう。

アルバイトに応募する前に履歴書を作成しておき、その内容をコピーするかたちで応募フォームを記入するのもオススメです。

Web上で応募しても実際の面接には履歴書を持参するのですから、

応募フォームに記入した内容と履歴書の内容が異なるという事態を防止することもできます。

何社も応募するのであれば、見本となる履歴書を一枚作成しておくのも良いでしょう。

いかがでしたか。

Web応募はお手軽感がありますが、実際は履歴書と大差がありません。

空欄や誤字脱字の目立つ応募フォームは採用担当者にマイナスイメージしかあたえません。

必須記入欄ではなくても、必ず全て記入し空欄のまま送信しないようにしてください。

条件の良い案件はすぐ締め切られてしまうので、発見したら即応募するのがWeb応募のコツです。

求人情報をよく読んで面接日が重ならないよう調整しましょう。

チャンスを逃さないよう、頑張ってください。

関連情報(外部サイト)